「あなたは何芸人?」趣味やスキルがお金になるシェアリングエコノミー時代の歩き方 #sharingday2018

 

こんにちは。SoloPro編集長の松田もゆるです。

もゆる
突然ですが、皆さんは何かを「シェア」していますか?

家や車などを所有するのはステータスであり憧れという時代がありました。

今でもそうかもしれませんが……

一部ではそういった消費や所有のあり方が当たり前の世の中に

疑問や生きづらさを感じたり

所有せず誰かと繋がり共有することで新たな経済を生み出したりといった流れが生まれてきました。

 

 

僕自身も、2003年頃カナダに留学していた頃に一軒家を友人とシェアしたことからはじまり

2012年頃から全国を自転車旅している最中に自身の部屋をAirbnb(民泊)で貸したり

職場はシェアオフィスやコワーキングスペースを利用したり

仕事は1つの会社に就職せずプロジェクト毎にスキルをシェアしたり

家もシェアハウスやソーシャルアパートメントといった共同利用のスペースがある物件に住んだりと

「シェア」を生活の中に取り入れていきました。

 

そして、世の中でも、食事や音楽、旅に子育てまで、いろいろなモノやコトが共有され

1つの経済のカタチ「シェアリングエコノミー」を形成するまでになりました。

恐らく、これは1つのブームではなく、暮らしの中の当たり前になる時代はすぐそこまできていると思います。

 

シェアリングエコノミーの祭典「SHARING DAY SHIBUYA 2018」

 

……と、前置きが長くなりましたが、本日9/8(土)シェアリングエコノミーの祭典「SHARING DAY SHIBUYA 2018」が開催されました。

シェアに関するいろいろな企業のブースが立ち並び、食事や衣類や音楽のシェアまで行われていました。

 

僕も、このイベントの前身となる「Share!Share!Share!」に、2015年に登壇させていただきましたが、その時からシェアに対する注目の高さを肌で感じました。

※この時は現在シェアガールとして大活躍中の石山 アンジュさんと、クラウドソーシングを利用して「旅をしながら、働く」をテーマに話し合いました。

旅とシェアってすごい相性がいいんですよね。

というコトで、実は今回のイベント、現地に長く滞在できなかったので……

『旅とシェア』のプログラムを中心に紹介しましす。

自分ならではの体験を提供する天才に

登壇者は……

山本 悠介
株式会社情報通信総合研究所 ICTリサーチ・コンサルティング部
主任研究員2000年慶應義塾大学商学部卒業、2005年慶應義塾大学大学院商学研究科後記博士課程単位取得退学。専攻は計量経済学、特に産業連関分析。2005年から現在まで情報通信総合研究所勤務。ICTが経済に及ぼす影響や情報通信市場に関する調査研究に携わる。総務省「情報通信白書」向けの受託調査における「IoT・AI等による実質GDP押し上げ効果」の推計等を実施。近年では、既存データで把握できていないICTの価値の分析に取り組んでおり、その一環としてシェアリングエコノミーの市場規模推計を実施。シェアリングエコノミーの価値の定量化と啓発活動に取り組んでいる。
紀陸 武史
株式会社Huber.
代表取締役CEOソフトバンク 孫正義社長の後継者育成を目的として設立された「Softbank Academia」の外部一期生。2015年4月に株式会社Huber.を設立。訪日外国人向けC2Cガイドマッチングプラットフォーム「Huber.TOMODACHI GUIDE」を運営。現在、札幌・仙台・鎌倉・東京・京都・別府の6地域に拠点エリアを展開し、ガイド登録者は4200名まで拡大している。また東急アクセラレートプログラム2016では最優秀賞を受賞。大企業・自治体・大学・行政との連携を密に図りつつ、事業を推進している。
細川 哲星
株式会社ガイアックス TABICA事業部
地方創生室 室長2013年4月 株式会社ガイアックス 入社。社内でのビジネスプランコンテストにて発表し、採択されたCtoCのローカルガイドマッチングサービス「TABICA」の立ち上げ。2017年5月にTABICA事業部 地方創生室 室長に着任し、TABICA内での首都圏以外のホスト・ゲストマーケティングを行う。2017年12月、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師と総務省地域情報化アドバイザーに任命される。

司会進行は……

ランパンプス
吉本興業芸人受賞歴:寺内ゆうき:2014年抱かれたい芸人2位
実績:寺内ゆうき:東京都保育応援サポーター「とうきょうホイクマン」
代表作
神保町花月「エクセレント!!」(初舞台)
「ビリビリ始まる」主演
「ねぇパンダさん」主演
ランパンプス
シェアリングエコノミーの経済規模って、いったいどのくらいなんでしょうか?
山本さん
2016年で1兆円を超えたという試算が出ています。
ランパンプス
いろいろんなシェアエコの体験サービスがありますもんね。
山本さん
2030年のシェアエコ関連の体験サービスの予測ですが、ホスト数は約298万人です。これは茨城や広島の県民の数と同じくらいですね。
ランパンプス
割合それでいうと、40人学級の教室に一人はホストをやっている時代になるんですか!
山本さん
また、ホストの収入は2496億円ほどになるとも予測しています。これは全国の動物園などの観光施設の収入を抜く規模です。※ホストの収入に民泊は含まれていません。

さらに、ホストがシェアリングエコノミーで得たお金を支出に回す金額が1398億円、経済波及効果は2300億円。主に東京や京都などの観光地の予測ですが、地方で成長が加速すれば、もっと大きな金額になります。

ランパンプス
子供に将来の夢を聞いたら「ホスト!」と答える日もそう遠くないかもしれないですね。
ランパンプス
紀陸さんは、訪日外国人向けC2Cガイドマッチングプラットフォーム「Huber.TOMODACHI GUIDE」を運営していますよね。どのくらいのホストがいるんですか?
紀陸さん
ガイド登録者は4200名程です。
ランパンプス
海外の人はどんなことを求めてガイドを利用されるんですか?
紀陸さん
ヨーロッパなど遠い国から来る人は、深い体験を求める反面、隣国はまた来れるからなのか、そこまでユニークな体験は求めない傾向にありますね。あと利用者の傾向として面白いのが8割が富裕層なんですよね。最初は旅行好きなヒッピーのような方々を想定していました。
ランパンプス
例えば、「Huber.TOMODACHI GUIDE」ではどんな体験ができるのでしょうか?
紀陸さん
夜間にバーを飲み歩きしましょうだったり、朝相撲の稽古を見に行く、ドローンを使って富士山をバックに写真撮影をしたいなど、いろいろありますね。
ランパンプス
日本人のうちらでもやりたい! 国内の旅を紹介している「TABICA」さんはどうでしょうか?
細川さん
人気があるのは東京から2時間圏内の農業体験や田舎体験ですね。家の竹林から竹を切りとってきて流しそうめん体験をしたり、魚がバンバン釣れるスポットに案内してもらったり……親戚の家に遊びに行くような体験が多いですね。
ランパンプス
魚釣りなんてスポットだけではなく釣り方のノウハウも教えてもらえたら嬉しいですね!
細川さん
そうですね。教えることができる趣味がある人がホストになっていることが多いですね。
ランパンプス
細川さんも何かされいるのですか?
細川さん
私は500円で下北沢のディープなバーを回るツアーを月1回くらい行っています。味わいのあるところほど一見さんが入りにくいので、このエリアに顔がきく僕が案内するんです(笑)
ランパンプス
面白いことやってるじゃないですか! 早く言ってくださいよ。
細川さん
趣味があったり、変わった職業はエンタメに変えられるんですよ。例えばマンホールが好きすぎる人が行うマンホールツアーとか、絶対その人じゃなければやらないですよね。
山本さん
オリエンタルラジオの中田 敦さんの「天才の証明」と本があるんですが、ここにはJリーガーはサッカーができる天才だけど将棋は全くできなかったりしますよね、と言う例えがあります。それと同じで、シェアリングエコノミーのホストは、自分ならではの体験を提供する天才になれる可能性があります。
ランパンプス
吉本興業の先輩の本です。紹介ありがとうございます(笑)
山本さん
自分の才能は自分でわからないから、シェアする体験を通じてそれに気づけるかもしれませんよ。
ランパンプス
アメトーーク!などで●●芸人と呼んでいますがい、今やシェアを通じて一般人が●●芸人になれる、と!
紀陸さん
それで言うと、さっきのマンホール好きな人は「マンホール芸人」ですよね!
ランパンプス
たしかに(笑)あなたは何芸人?という問いは、シェアリングエコノミーに使えそうですね。

シェアエコで自分らしいライフスタイルを

 

……と、このイベントでは他にも、渋谷区長の長谷部 健さんの挨拶をはじめ『学びとシェア』『シェアをはじめよう』『アートとシェア』などいろいろなコーナーがありました。

話を聞いていて、感じたのは

シェアリングエコノミーは、ただの経済活動やブームで終わらず

生きづらさを感じている人や、自分をもっと表現したい人にとっても

素敵なライフスタイルを実現するきっかけになりそうだということ。

また、災害大国日本は自然と助け合いの文化がある国だと思いますが

所有から共同利用することへ、孤立からみんなで助け合うことへ

などもシェアの形なのかなと、個人的に感じました。

 

あなたがシェアできるモノやコトは何ですか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA