目的、目標、手段……3つの視点で考える「パーソナル・ブランディング」とは?

DSC09391

朝7時。

ライジング・フィールド軽井沢。

みんなでつくる真面目に不真面目なビジネススクール

「the Life School」の1コマ。

 

今回は、このフィールドを立ち上げた

森 和成さん(以下、カズさん)による

早朝講義の内容をご紹介します。

 

テーマは「目的目標手段によるパーソナル・ブランディング」

DSC09733 (1)

カズさんは、2014年に株式会社ライジング・フィールドを立ち上げる前は、アクセンチュア株式会社にて経営コンサルティングに従事し、2003年に同社ディレクターに就任。その後、チームビルディングや経営戦略・事業戦略を行う株式会社アールギア・グループを設立した方。ライジング・フィールドも、軽井沢、白馬、そして他のエリアへの展開も進めている。

そんなビジネスの第一線で活躍されている方が大自然の中で行う、とてもシンプルで本質的な講義でした。

では、早速本題へ。

そもそも「目的目標手段」とは?

カズさんが経営するライジング・フィールド軽井沢のHPに以下の言葉があります。

ライジング・フィールド軽井沢は、自然体験活動を通じ、 「子供たちの生きる力を高める」「人・組織の可能性を切り拓く」ことを目的(Mission) に立ち上げさせて頂きました。

ここで、目的という言葉が使われていますが、カズさんは目的目標、そしてそれを実現する手段の違いを以下のように説明しています。

目的(Why?)
成し遂げようと目指すことがら、行為の目指すところ、意図していることがら

目標(What?)
見つけるためのしるし、見覚えのためのしるし。めあて。

手段(How?)
目的を達成するための具体的なやり方、てだて。

DSC09636

わかりやすい例えとして、富士山の頂上に立つことを想像してみてください。

その場合、頂上は上記の3つのうち何でしょうか?

目標です!」

「正解!」

と、自問自答してみましたが、

では、その頂上(目標)に行く手段は何を思いつきますか?

「自分の足で自力で登る」

「ガイドをつけて登る」

「ヘリコプターで頂上まで行って降ろしてもらう」

……いろいろあるかもしれませんが、

もし目的が「運動することで健康になる」であれば、

ヘリコプターで効率よく行ったら目的は達成できません。

つまり、目的を叶えるために、目印となる目標手段があるのです。

 

組織と個人における「目的目標手段」の違いとは?

企業組織の場合、目的は経営理念(ミッション)になります。

そして経営理念を叶えるための、

ビジョン → 経営目標 → 業務目標 → 業務・仕事 があり

それぞれが目標手段にあたります。

DSC09638

 

では、個人の場合はどうでしょうか?

目的は、志(ミッション)です。

自身の存在意義とも言える志。

ここでは、パーソナルミッションと呼びましょう。

仕事の場合であれば「私はなぜ働くのか?」という問いの答えが、それにあたります。

次に目標は、パーソナルビジョン。

「私は将来どのような姿になりたいのか」が重要な問いです。

そして、「行動目標を掲げ、そのために何を出すべきか?」

という具体的なアクションが手段になります。

 

転職する、独立する、旅をするなど

みなさんにもいろいろやりたいことがあると思いますが

ついついそれ自体を目的にしがちではないでしょうか?

実は、それらは目的を実現するための手段かもしれませんよ。

 

例えば、自由なライフスタイルを求めてフリーランスになったのに

毎日お客様からの仕事の依頼に追われて

会社員時代よりいろいろなことに忙殺されていれば

毎月の売上という目標

フリーランスになるという手段は達成したとしても

本来の目的は達成していません。

 

だからこそ、目的から手段までの一貫したアイデンティティ

=自分のぶれない軸を作ると

それが”自分”らしさになるのです。

パーソナル・ブランディング の本質もここにあるのではないでしょうか。

DSC09643

 

ワークショップ。ちょっとだけ考えてみよう

さて、皆さんはどうでしょうか?

1回しかない人生

何を目的にして

数年後にたどり着きたい目標を描き

どんな手段でそれを実現したいですか?

 

 

5分、考えてみましょう。

 

目的

 

目標

 

手段

 



 

うん、ちょっと考えるだけでは

筋の通った答えを出すのは難しいのではないでしょうか?

これがすぐできる人は

”自分”らしさが、すでにわかっている人かもしれませんね。

 

まとめ

カズさんは、今まで素晴らしいリーダーシップを

発揮している人を数多く見てきた中で、

共通点があると感じたそうです。

それは、”自分らしさ”のリーダーシップがあること

目的から手段までの一貫したアイデンティティ=

自分らしさだとすれば

優秀なリーダーが、組織の方向性を決められるのも、意思決定が早いのも

目的を理解し、そのための一貫した行動基準があるからかもしれません。

 

そして忘れてはいけないのが、

自分の人生のリーダーシップを握るのは、他でもなく自分。

そのためにも、人生における、目的目標手段

を、この記事をきっかけに考えてみてはいかがでしょうか?

 

今回のように、心を解放できる、自然の中で行うのもおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です