#旅ときどき仕事 って、ぶっちゃけ大変じゃないですか? 古性のち × 松田然【旅人対談】

 

SNSをボーっと眺めていると……

やたら旅していたり、いろいろな場所に出没している人が目につくことって、ありませんか?

猫がたくさんいて、猫好きにはたまらんたまらん🐈

古性 のちさん(@nocci_trip)がシェアした投稿 –

一昔前だったら、会社を辞めて海外を放浪している人をみれば「こいつ何ふらふらしてるんだ」と、余計なお世話ながら心配になってしまったのに、最近はどうやら旅をしながら、ときどき仕事もしているみたい!?

そんなライフスタイルって、どうなの……? 誰にでもできるの!??

今回はそんな疑問を解き明かし、さらには働き方のヒントもいただいちゃおうと思い、仕事をしながら国内外を飛び回る旅人対談を企画しました。

 

松田然(以下、もゆる)
……ということで、こんにちは。このメディアSoloPro編集長で自転車旅好きの然です。今日も自転車をかっ飛ばして対談場所の下北沢までピュ〜っと。
DSC04065 (2)
松田然(もゆる)
1980年生まれ。働き方実験家。フリーランスの働き方をアップデートするメディア「SoloPro」編集長。ライターカンパニー「合同会社スゴモン」代表。自転車旅ライター(仕事をしながら47都道府県走破)、月の半分は旅か出張で東京以外で過ごすライフスタイルを実験中。他、フリーランス向けのコーチングやオンラインサロン「FreeRun`s」も主宰している。
Twitter:@moyulog

そして、対談相手はこちら!

古性のち(以下、のち)
もゆるさーん!どもども。
DSC04054
古性 のち
1989年生まれ。「旅、ときどき仕事」オーガナイザー・フリーライター。2016年6月からおよそ半年間、世界17カ国26都市を巡りながら「旅するライター」として各国の情報を発信。帰国後も「日本・世界のかわいいを切り取り、届ける」をコンセプトに、旅をしながらフリーランスで仕事をおこなう。旅をしながら働くひとを増やすプロジェクト「旅、ときどき仕事」を立ち上げるほか、旅の魅力を言葉と写真で伝える「旅することばと写真展」主宰。海外と国内を行き来しながら働くスタイルを実践中。
Twitter:@nocci_84

 

さてさて、旅をしながら仕事をするのは幸せな生き方なのか、それとも実は裏でめちゃくちゃ大変な思いをしているのか……旅カフェに場所を移し、ざっくばらんに話しあいましたよー!

<<イベント開催!旅するフリーランスが「ここだけの本音」を語る会 5月4日(金)>>

なぜ、旅”だけ”ではなく、旅も仕事もなのか

2
もゆる
旅が好きな人っていっぱいいるよね。のちさんみたいに仕事もしながら旅をするライフスタイルに憧れる人も多そうだけど、実際は大変なことはある?
のち
大変なこといっぱいありますよー。もゆるさんもそうですよね? 「旅×仕事」どのくらいしているんですか?
もゆる
だいたい5年くらいかな。その間、自転車で47都道府県全て回って仕事したり、日本のバンジージャンプ全部飛んで回ったり、カリブ海でクルーズワークしたり、最近は月の半分は国内外を転々としている感じ……。大変なことはいっぱいある。雪山ワークすると手が寒くて仕事にならないとかw

もゆる
だからこそ、この記事では「旅最高だぞ!!」って言いたいんじゃなくて、こういう生活をするには何が大事で、どんなリスクがあるかも伝えたくて
のち
旅は楽しいものなので、どうしても楽しい部分にフォーカスする記事が多いですよね。それに実は私、旅がものすごく好きなわけではないんです
もゆる
あれ、そうなの!?
のち
私の性格を考えた結果、旅するようなライフスタイルになってきたというか……
もゆる
うん、まずはその話、すごく聞きたい。
のち
では、けっこう遡りますね。小中学生の頃の話をすると、ずっと同じ場所にすわって、同じことを繰り返しているのが我慢できない子だったんです。でも、その頃の日本の学校教育ってみんなと同じを良しとする傾向が強かったから、我慢してわたしも周りにあわせていたんです。
さらには、その頃は今と違ってブログやSNSも一般的ではなくて想いの吐き出し口が少なく、高校生の時にはほぼ不登校のような状態になってしまって。
もゆる
ずっと同じことができないのも1つの個性でありキャラクターだよね。自分もそうかも。そこから旅につながるきっかけはあったのかな?
のち
学生で視野が狭かったこともありますが、人と違うことをする=世界一周! と思って学校の先生に相談したんです。でも、手に職がないと帰国してからが大変だぞと親にも言われてあきらめ、美容師になったんです。
もゆる
手に職っ。
のち
ところが、美容師も毎日同じ職場に通わなければならないし、独り立ちするのにも5年以上かかる。あれ、これは厳しいぞとなって(笑)もう少し場所を問わずに働けそうな仕事を探したときに、Webデザイナーの道を見つけました。
DSC04035
もゆる
フリーランスとして独立する前はWeb制作会社のLIGさんにいたよね?
のち
そうです! 面白い会社だったので、夢中で働きすぎてしまい。体と心のバランスが上手にとれなくなってきてしまって、東京から離れて自然豊かな長野にあるLIGのサテライトオフィスに移りました。
もゆる
いろいろあったんだね。
のち
LIGは好きでしたが、やっぱり、同じ場所に座り、同じリズムで仕事をするのに疲れてきてしまい。ふとある日、パソコンのディスプレイから顔をあげて周りを見渡すと、いつもと同じ風景が広がっているのを見たら、なんだか力が抜けてしまって。「あ、わたし、やっぱり企業にずっと所属するのはむずかしいのかも」って思いました。

でも、LIGではWebデザイナーだけではなくライターの仕事もさせてもらっていたんです。その時に鹿児島の甑島へ「どこでもオフィス」という企画で数週間滞在して仕事したんです。そしたら、このスタイルは自分にあっているかもと感じて。

1週間限定!鹿児島のちいさな離島、甑島(こしきしま)でリモートワークをしてきました

もゆる
あっ、この記事見たことある。面白かった! 離島でリモートワークって、不便だけどなんか旅気分が満たされて素敵だよね。
のち
あと、学生の頃に読んで、心に残っていた本、高橋歩さんの「LOVE&FREE」も大きな影響がありましたね。歩さんは世界を旅するように暮らしていて、こんな大人がいるんだ! この人のようになれば会社に通わなくていいかもって思って衝撃を受けたんです。
LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉
高橋 歩
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 61,038
もゆる
自分も大学生の頃に高橋歩さんの「毎日が冒険」を何十回も読んで、ワイルドな生き方に憧れ、ヒッチハイクや自転車旅にハマったからね。夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だっ!って何回も自分に言い聞かせてたw
新装版 毎日が冒険

新装版 毎日が冒険

posted with amazlet at 17.12.16
高橋 歩
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 18,539
もゆる
話を聞いていると、フリーランスとして独立したのは、何か野望があってとかではなさそうだね。
のち
そうですよー。引きこもりだし、心配性だし、独立するなんてめっちゃ怖いと思ってました。フリーランスは、私の性格を考えて消去法で選んだ選択肢です。
もゆる
自分も旅人カテゴリーの人だし、独立して仕事しているけど、旅も仕事も課題があると「オラ、ワクワクッスぞ!」と思って面白がっちゃうタイプなんだよね。#旅ときどき仕事 するにも自分にあったスタイルがありそう。「旅×仕事」のやり方は1つじゃないし、正解もない

次の章ではそこを深堀しよう。

旅しながら仕事をするデメリットって何?

4
もゆる
僕らみたいな旅するワークスタイルはメリットとデメリットがあると思うんだ。まずは、あえてデメリットから聞きたいな。

のち
旅で大変なことで一番は、やっぱりお金がかかることじゃないでしょうか。
もゆる
移動にも、宿泊にも、かかるかかる。
のち
LCC(格安航空会社)でチケットとって、安いゲストハウス泊まればいいじゃん!って意見もありますが、例えば海外の500円宿とかは衛生面や安全面などもそれなりにしんどいので、私はしっかりした宿を予約するようにしています。

もゆる
「仕事×旅」するなら泊まるところは特に大事だよね! ゲストハウスは安くて、旅人とコミュニケーションも取れて楽しいんだけど、面白い人に出会いすぎて仕事にならない時もあるし。旅”だけ”なら最高なんだけどね。
のち
あと、airbnbも使ってますよ!実は、日本でもairbnbで暮らしていて、今はWebメディア「灯台もと暮らし」の編集長、伊佐知美さんと家をシェアしてます。(※2017年12月16日に一旦解散)
もゆる
旅好きなら、家を所有しないでシェアするのも選択肢だね。伊佐知美さんはSoloProでも移住を話題に記事にさせてもらったことある。

移住は幸せの選択肢になる? 灯台もと暮らし編集長・伊佐知美さんと考える、私たちの生きる場所

2017.08.14
のち
もゆるさんは自転車旅が多いと思うんですが、移動費用や宿はどうしているんですかー?
もゆる
自転車旅は移動費を超節約できる。学生時代に、東京から鹿児島行った時は16日間、食費宿代、九州からの帰りの電車代(青春18切符)全て込みで4万円しか使わなかった。9割、テント無しで野宿だったけどね(笑)

今は社会人で仕事もするので宿にはお金かけてるかな。airbnbもよく使う。立地やWi-Fi環境重視なので、1ヶ月くらい自転車旅した時は30万円くらいは宿代使ったと思う。その分、仕事がんばるんだけど。

17390426_1566076723430917_8730960080970364129_o
のち
自転車で走りながら仕事もするなんて、体力のない私には考えられない(笑)
もゆる
それも自分のキャラクターにあった働き方なんだろうね。毎日100km以上走るんだけど、誰かからやれって言われたわけではないから楽しいし、日が沈んで宿についてから仕事するスタイルは慣れればあまりたいしたことないかな。むしろ脳に血液が回っていて、いい仕事ができる(気がする)。

ただ、みんながみんな自転車旅すれば良いとは思わないし、体力ない人だと走り終えたらバテバテで仕事なんてできず、クライアントに迷惑かけちゃうよね。

のち
自分の得意な旅のスタイルを知るって本当に大事ですよね!
もゆる
それでいうと、旅した先で仕事に集中できるの? って疑問が湧く人も読者の中にはいると思うんだけど、のちさんは大丈夫?
のち
私、旅がすごい好きなわけではないので、「絶景がどうしてもみたい!」とかあまりないんです。むしろ街の小道にフラッと入って小さなカフェを見つけて、ゆっくり読書をしたり文章を書いたりするのが好きで。
3-4-1024x670
のち
だから私にとっては東京にいる時の方が集中できない! 友達がご飯行こうよって誘ってくれるし、カラオケあるし、楽しそうなイベント多いし。日本、誘惑多い(笑)
もゆる
たしかに、旅先の方が自分のペースで動けることってあるよね。もちろん、自分の好きを知っていればこそだけど。自転車旅も、気に入った街だと何日も滞在して同時に仕事も集中してこなすこともある。地方都市ならコワーキングスペースなどの仕事場も増えてきたしね。
11065890_1015619898476605_5250979494205570686_n
もゆる
では、ついでに失敗談や苦労話などもあれば聞きたいな。
のち
自分の実力を過信しすぎて仕事を請けすぎ、岡山県に仲間と旅していたのに、1週間のほとんど宿にこもって朝から深夜まで仕事していて……って、こんなこと言ったらフリーランスのイメージ悪くなるかな?
もゆる
いや、自分のキャパやスキルレベルを知るのは、旅するしないに関わらずとても大切だよね。特に旅先なんてハプニングが付き物だし、仲間と行動していたらなおさら仕事をコントロールするスキルは必要だね。スケジューリングに失敗して学ぶことも多い!
のち
ですよね。私もそれ以来、時間の見積もりをしっかり考えるようにしています。例えばデザインの仕事なら、作って終わりではなく、クライアントから何回修正戻しが来るかを考えてあらかじめ工数を計算し、旅や仕事のスケジュールを調整したり。

もゆる
旅しながら仕事するからこそ、ビジネスパートナーの信頼を得られるような働き方をしないとね

旅ときどき仕事をやっていて良かったこと

3
もゆる
旅、ときどき仕事をしたからこそできた体験はある?
のち
旅する前は、学校や会社に行くのは好きじゃないのに選択肢がこれしかない……と思っていたので、とても呼吸がしやすくなりました。最近まで、海外に出たこともなかったので。
もゆる
よく日本人のパスポート保持率が23〜24%という数字を見聞きすることがあるけど、パスポートを持って海外に今すぐ出れない約70%の日本人は日本の価値観でしか生きられない可能性もあるんだよね。
のち
外国に行くと”当たり前”の基準が違いますよね。日本のようにお客様は神様じゃなかったり。カウンターで店員を呼んでいるのに、厨房で歌っていたり踊っていたりする(笑)

印象的だったのが、「あなたは何している人?」って聞かれたら、日本では「何の仕事をしている人?」っていう意味と捉えることも多く、会話の中でも仕事の比重が多いですよね。

タイでも同じ質問をされて「ライターだよ」って答えたら、「仕事なんて聞いてないよ、あなたはどんな好きなことをしている人?」って意味と言われて、価値観の違いって面白いなと感じました。

もゆる
海外を旅すると、人生って楽しんでいいんだ! と感じる瞬間は多いよね。先日、自分も東南アジアの島に行ったんだけど、ツアーガイドが自分の好きな音楽をガンガンにかけながら仕事していたんだよね。日本だと「遊んでないでちゃんと仕事しろっ!」って突っ込みたくなるくらいノリノリだったけど、楽しい雰囲気が伝わってくるとこちらも楽しくなっちゃたし。
スクリーンショット 2017-12-15 10.24.44

どうすれば旅ときどき仕事ができるようになる?

もゆる
ということで、いよいよインタビューも終盤。最後に、どうすれば #旅ときどき仕事ができるようになるか話し合おうか。

のち
何をしたら幸せなのか……まずは自分がやりたいことに向き合うことが大事だと思います。そのきっかけとして海外に出てみれば、友人も少ない環境で、一人で考える時間が増えると思うんですよ。
もゆる
そうだね。旅と言っても、人それぞれやりたいことは違うし、自分がどんな旅や仕事がしたいのかを知るのは大事だよね。
のち
私はチャイが好きなんです。あと、仲間と一緒に旅に出るのも。なので、仲間と一緒に出かけるけど、みんなが観光している間に一人カフェでチャイを飲みながら仕事していたり……ってスタイルが好きですね。
もゆる
自分は仲間との旅も好きだけど、一人自転車旅で、大自然の中を走っている時が楽しくて、今日は誰とも話さなかったなぁというような僻地でも幸せを感じられる。ただ、そういった場所はインターネットがないこともあり、仕事するには向いてないんだけどね(笑)

のち
人それぞれ、好きな場所や旅のスタイルも違いますよね
もゆる
それでいうと、 #旅ときどき仕事 しやすかった場所ってどこかな?
のち
タイのチェンマイは好きですね。ノマドワーカーが働きやすいように街を作っているんじゃないか、この場所は! と思えるほど、無料のコワーキングスペースやおしゃれなカフェがたくさんあって(Wi-Fiはもちろん、各席に電源付き!)、生活拠点にしたいくらい気にいっています!
スクリーンショット 2017-12-15 10.28.46
もゆる
チェンマイはいいって聞くね!行ってみたい。SoloProでも、チェンマイで旅ときどき仕事した時の内容は記事にしてた。

「ソロになって見つけた夢、自分だけの生き方」自由気ままな旅好きフリーランスの座談会 in タイ・チェンマイ

2017.05.28
もゆる
自分は、クルーズで1週間カリブ海を回ったんだけど、でっかい船ってほとんど揺れないんだよね。インターネットは有料だけど使えるし、4カ国くらい回った道中、荷物をずっと船内の部屋に置いておけるから移動が楽チン。

クルーズなんて価格が馬鹿高い印象あったけど、一番安い部屋で、7泊内側客室$1229〜(15万円程度だけど食事付き)だったし、海側にすればずっと絶景を見ながら仕事ができる、何これ最高かよ。

ただ、こんな素敵な体験ができる場所では仕事のことは忘れた方がいいと言われたけど、それは正論だと思いました。

16403301_1513393265365930_3824309228962872226_o
のち
旅にもいろいろ選択肢がありますねー。
もゆる
そうだね。今日の記事をまとめると……まずは自分の価値観やキャラクターを知ること。それから、のちさんみたいなロールモデルになりそうな人を見つけて参考にしたり、一緒に旅できる仲間を見つけたりするのがいい感じかな?
のち
旅人でも一人ひとり個性が違いますからね。旅をするなら、私の言うことが全部正解なんてことはないので、まずは自分がどういうライフスタイルを送りたいかを大事にしてほしいですね。
もゆる
自分とのちさんは、ライターで旅人という同じカテゴリーに見えて、旅する理由もスタイルも真逆なくらい違うし、それでいいんだろうね。旅をすることが目的ではなく、まずは自分が自分でいられる場所を探しに、旅、ときどき仕事をしてみるといいよね。

<<イベント開催!旅するフリーランスが「ここだけの本音」を語る会 5月4日(金)>>

DSC04032

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA