自分らしい働き方を実現したい個人事業主(フリーランス)や起業家を応援するメディア『SoloPro(ソロプロ)』

about

SoloProとは?ーーソロで働くことを選んだ人が自分らしくいられるために

はじめまして。『SoloPro』編集長の松田然(まつだ・もゆる)です。2016年10月1日より、新たなメディアをスタートさせることになりました。

働き方が多様化する中で、個人事業主や起業という道を選び、主体的に新たな価値を生み出している人がいます。また、そうすることで自らが望むライフスタイルを実現している人がいます。私たちはそういう人を「ソロ」の「プロフェッショナル」であると定義し、略して「ソロプロ」と呼ぶことにしました。

この『SoloPro』というメディアは、すでにソロプロとして活躍している先輩たちの成功・失敗談を聞いたり、個人事業主・起業家向けの情報を通じて、これからソロプロになろうという人や、ソロで活動しているけれど思うようにいっていないという人が抱えている課題を解決し、自分らしいライフスタイルを実現するためのヒントを発信していきたいと考えています。

なぜやるのか?ーー「個の時代」はすでに訪れている!

『SoloPro』を立ち上げたのは、私の個人的な経験に端を発しています。

20代を海外やベンチャー企業や上場企業などいろいろな環境で過ごした私は、30代を迎えるにあたり、漠然と「挑戦する人を増やしたい」と思うようになりました。確たるビジョンがあったわけではありません。その方がなんとなく面白い世の中になりそうと思ったからです。

今振り返ってみればツッコミどころ満載な動機です。ただ、リーマンショック直後で、世の中に元気がないように見えたという背景もありました。

周りに挑戦する人を増やすには、まず自分自身が新しい挑戦をしなければなりません。もともとさして独立志向のなかった私は、こうして30歳でフリーランスとして独立、その後に起業することになりました。

その時に立ち上げようと思ったのは、挑戦する人同士が繋がるSNS。しかし、結論から言うと開発がうまくいかず、サービスは立ち上がりもせず……自分の本当にやりたいことは何かを探し始める始末。それでも、その間に47都道府県全てを自転車で走ったことで、自分らしい生き方を実現している人との出会いがたくさんありました。

また、私自身ライターとして3000人以上のビジネスパーソンにインタビューし、さらには他のライターやデザイナーなど、個人事業主の方とプロジェクトベースで仕事をする機会も多く得ることができました。

その中で感じたのは、働き方はどんどん多様化してきており、すでに「個の時代」が訪れているということでした。

実際、独立ワーカーの先進国であるアメリカには、現在3000万人を超える個人事業主がいると言われており、2019年までには、国内で働く労働者の半数近くまで増加することが見込まれています。

まだ終身雇用が根強く残っている日本においても、2016年現在で広義のフリーランスは1064万人。2015年と比べて17%も増加しています(ランサーズ_フリーランス実態調査2016年版)。

今後、こうした働き方を選び、挑戦する人がますます増えていくのは確実なのです。

ソロプロとして活躍するカギーー自分らしい生き方を描けているか

dsc037701-718x478

私自身のことを振り返ってみても、個人事業主になって最初から全てうまくいったわけではありません。ソロになって最初に感じたのは、「フリーランスというのに、全然フリー(=自由)じゃない!」ということでした。

(※フリーランスの「フリー」とは政治的に自由・中立で「単発の仕事を行いあらゆる仕事をこなすものの、その仕事を依頼する度に契約を結ぶ形をとっている事、一種の自営業」が本来の意味のようです(Wikipediaより)。なので、本来的には「生き方が自由!」という意味はなさそうではありますが)

社会的信用がない、営業も経理も全部自分でやらなくてはいけない、仕事ばかりで健康が疎かになる、家庭やプライベートと仕事のバランスが難しい、常にお金や将来への不安を抱えている……。課題は山積みでした。

でもその一方で、日々接するビジネスパーソンの中には、組織から独立して、自分の旗を掲げて活躍している人も少なくありませんでした。ソーシャルメディアの時代においては、それが非常に分かりやすい形で可視化されてもいました。

一体、この違いはどこにあるのだろうか……。

私が感じたのは、「自分らしい生き方」とは何かをしっかりと描き、自らの主体的なアクションを仕事にできているかどうかに違いがある、ということでした。

『SoloPro』ではこの点に注目し、さまざまな切り口からソロプロとして生きるためのヒントを提供していきたいと思っています。

働き方の選択肢を増やしたい!

最後に一つ断っておきたいのは、私は決して「フリーランスや起業が最高!」というメッセージを発信したいわけではないということです。

働き方は人それぞれです。でも、今よりもっと選択肢があっていいと思うし、それぞれの人がそれぞれにあった働き方=生き方を選べるようになればいいと思っています。

私たちが目指すのは、働き方の一つの選択肢として、ソロプロを目指すことを選べる世の中にすることです。『SoloPro』では先駆者たちの知恵を借りることで、そのために必要なことを明らかにしていきたいと思います。

想像してみてください。そうやって自分らしく幸せに働いている人がみなさんの周りに増えれば、今よりもっと面白い世の中になると思いませんか?

 

ぜひ、今後も応援してくれると嬉しいです。

お仕事のご依頼、ご相談、お問い合わせは
>>コチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です