SoloProライター オンラインミートアップ開催。ZOOMを使えば、在宅会議も仕事も簡単に!?

スクリーンショット 2017-08-07 22

ソロのライフスタイルを良くするメディア「SoloPro」をご覧のみなさま。

いつもご愛読いただきありがとうございます。

こんにちは、編集長のもゆるです。

10ヶ月程、このメディアを運営してきた中で、合計19名のライターさんが記事を書いてきました。(2017年8月7日現在)

今回は、そんなSoloProライターを集めて、ZOOMを使ったオンラインミートアップを開催。

ZOOMについては、SoloProの以下の記事で触れていますが、今回はオンライン会議の様子と、ZOOMを使うことのメリットデメリットについてご紹介します!

オンライン会議アプリ「Zoom」は、働き方を変えるリモートワークサービスの大本命!?

2017.07.19

複数人で場所問わずミーティングや飲み会までできる

SoloProライターは国内各地、そして海外にもいるため、なかなか一堂に会する機会がありません。

編集長の僕自身も、月の半分は旅や出張にでながらリモートワークなので、作業する現場はコロコロ変わります。

そのため、普段のメッセージのやりとりはChatworkかFacebookグループで!

ライターさんは文章力がある方が多いので、テキストメッセージだけでも意思の疎通はある程度可能です。

一緒に働くメンバーを選ぶ基準は、テキストベースの仕事をスムーズに対応できるか否かを重視しています。

ただし、実際に会わないと進まない仕事やプロジェクトがあるのも事実。

フリーランサーと仕事する場合、移動や会議も全てコストなので、ケースバイケースで対応する必要があります。

そんな時に便利なのが、簡単にオンラインミーティングができるZOOM!

個人的に気に入っているポイントは以下です。

  • 相手にURLを伝えるだけで簡単にはじめられる
  • 通話回線が安定している(感覚的にですがSkypeやgoogleハングアウトなどと比べて)
  • 100人まで無料で会議に参加できる
  • 画面共有やテキストメッセージのやりとりも簡単
  • 音声の録音ができる
オンライン飲み会だってできます。一人寂しい夜は、ZOOMで会いましょう。

※今回のSoloProライターミーティングでは、自分はビール3本を消費しましたw 他のメンバーも個室居酒屋などからもスマホで参加するなど、オンラインなら臨機応変に対応できます。

オンラインミーティングのデメリットとは?

インターネットがつながる場所でないとできないのが最大のデメリット。

音声が出なかったり、映像が映らなかったりするとストレスになるので事前にテストしましょう。

あと、ZOOMは音をしっかり拾うので周りがうるさい場所だと、その音声も聞こえてしまいます。

その場合、マイクをOFFにして、しゃべるときだけONにするといいかもしれません。(マイクOFFでも本人は会議の音声が聞こえます)

また、部屋を予約する会議と違って、ドタキャンやドタ参加などがしやすいゆる〜い雰囲気になってしまう場合もあります。

でも、それでいい! と思っていたりします。

個人的に会議というのは、主体的に意見を言いたい場と、用意されているから参加している場と、様々だったりします。

興味ない話題なら、参加しない、もしくはその時だけ抜けれるような環境を選べるオンラインミーティングは生産性を上げるために必要な手法かもしれません。

会議は参加するのが目的ではなく、信頼を構築することが目的

実際、どんなことをSoloProライターミートアップでは話したの?

最初に話したテーマは「エディトリアル・シンキング=編集的な思考」について。

※WIRED日本版初代編集長の小林弘人さんの講演から引用

編集者的なものの考え方が、編集者に限らず、あらゆる仕事にいかに役立つかという話で、当然ですが、ライターも例外ではありません。

例えば、インタビューする時に、どんな視点を持って行っているのか……?

ファシリテーターが意見を言ったあと、それぞれが自分の意見を言い合います。

  • インタビューは相手を知りすぎても知らなすぎてもダメ
  • 取材相手と信頼関係を構築できるようなインタビューがしたい
  • クライアントワークの場合、メディアの意向を汲み取る必要があるけど、インタビュー対象者の話をどんな人に届けたいかという視点は大事。場合によっては違うメディアの提案も
  • 話題が多い場合は1つの記事にまとめず、前後半などテーマを分けて記事にする
  • 大きな”問い”は持ちつつ、フリースタイルで相手と対話し面白いネタを見つける
  • 飲み会で話すような雰囲気作りが大事

など、いろいろな手法や、そもそもインタビューって何でやるんだっけ? という意見をZOOM上で話交わしました。

最終的には、エディトリアルシンキングを身につけると人生を編集することにもつながるのでは……と大きな話になった気がしますが、あまり覚えていません。(ZOOMは音声録音ができるので、聞き返せるのは便利)

……その次の話題は、このメディア「SoloPro」の現状の課題と今後の方針を共有。

全ては記載できませんが。どういった記事を作っていくか、そもそもこのメディアが提供したい”メッセージ”は何か、など戦略的な話をしました。

ビジョンなどはテキストメッセージで終わらすのではなく、オンラインでもいいので実際に話し合えるといいですね。

オンラインチャットが終わったら、サマリーをテキストで報告。人間はすぐ忘れるのと、参加していないメンバーへの情報共有にもなるので
スクリーンショット 2017-08-07 20.18.45

まとめ

ZOOMの利用をすすめる宣伝部長でもないので、これからもっと便利なサービスがでてきたら積極的に使ってみたいと思います。

みなさんのオススメががあれば教えてください!

また、SoloProというメディアに関わっていないライターさん含め
働き方に興味ある方は一緒に何かやりましょー

ライターさんなら誰でも参加OKな公開グループもありますので、よろしくお願いします。

SoloProプロデュースのサービス

フリーランス向け「働き方デザイン」コーチング・セッション
自分の人生を働き方からデザインできるフリーランスや、独立に興味のある方をサポート!
詳細はコチラ

フリーランスの健康と仕事のサロン「FreeRun`s」
運動や栄養のプロコーチに支えられながら、自分のペースで健康的なライフスタイルを手に入れてみませんか?フリーランス仲間もできるかも!?
詳細はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です