お腹が鳴るのは若返りのサイン!?忙しいフリーランスでもできる、簡単で健康的な食生活の取り入れ方

健康的な生活3

予定に追われて日々忙しくしている、フリーランスのみなさんへ。

クライアントとの約束や納期だけではなく、趣味や家庭のことなどやることがたくさんあり、自分の健康管理をついつい疎かにしていませんか?

気が付けば、肩こりや疲労、慢性の頭痛の悩まされ、体形が緩んでいく……なんてことになってしまっては本業にも影響を及ぼしてしまいます。さらに頑張りすぎて倒れてしまったりしたら、クライアントの信頼を失うばかりか、収入も止まってしまいます。

ここまで読んで、よし、今から健康になるぞ! と、勢いよく決めていただければ嬉しいのですが、いざ健康になる方法を調べてみるとあまりにも情報量が多くて何からはじめたらいいのか迷ってしまうのではと思います。

そこで、今回は健康になりたいと思ったときにすぐに取り掛かることができて、身体も絞れてスリムになる方法をお伝えします。

1日どのくらい食べていますか?

まず手っ取り早くできて、大切な健康法は「食べ過ぎない」そして「1日3回食べるという思い込みを消す」ことです。

実は人間の身体にとって最もパワーを消費する行動が「消化」です。健康的な生活にはしっかり栄養を摂ることはもちろん大切ですが、現代人は食べ過ぎていることが不調や病気の元になってしまっています

なぜかというと、私たちは身体の免疫力や自然治癒力を上げるために身体の中の酵素を使います。しかし、食べ過ぎたり、消化に負担のかかるものだと、この酵素が消化に使われてしまい身体の免疫力アップまでパワーが回らなくなってしまいます。

また、私たちは不要なものを身体の外に出す「デトックス」をしなければ、毒素が身体に溜まる一方になってしまいますが、食べ過ぎて消化にパワーを出し切ってしまった内臓はデトックスする元気も無くなってしまいます。これが、食べ過ぎが身体に及ぼす悪影響です。

あなたのお腹は大丈夫?

フリーランスにとって夜の付き合いも仕事として、お酒を飲んだり、外食をする機会も多いと思います。

しかし、その翌日に身体が重く食欲が無いのに無理やり朝ご飯を食べてはいませんか?

身体が重い、胃が疲れているときは無理に食べてはいけません。二日酔いや胃もたれの解消より消化にパワーを奪われてしまうので、水分をしっかり摂って午前中を過ごしましょう。

お腹の調子が悪い目安としては、お腹を何ヵ所か押してみることです。ここで痛い部分があったり、硬さや柔らかさがまばらなときは消化器官が疲労しているということなので食べることはお休みしましょう。フルーツやスムージーに置き換えるのもおすすめです。

健康的な生活

お腹の鳴る音を楽しむ

食事を減らした後はいつなら食べていいの? と疑問に思われるかもしれません。
そのサインは「お腹が鳴ったら」です。最近、お腹の鳴る音を聞いた方はどの位いらっしゃるでしょうか?

医学会ではお腹の鳴る音は若返りのサインと言われています。お腹が鳴ると身体の中の長寿遺伝子が活性化したり、脂肪が燃えはじめます。

お腹が鳴ったら、空腹で辛いな~ではなく、お腹が鳴ったから今、自分は若返っている! と、考えてみるのはいかがでしょうか?

健康的な生活4

最後に……

健康的なライフスタイルには運動ももちろん必要ですが、経験のない人がいきなり独学で行ってしまうと怪我をしてしまい、健康的な生活そのものを諦めてしまいかねません。

まずは自分の食生活を振り返り、食べ過ぎていないか、リセットはしているか、お腹の音を聞いているかを日々チェックし、内臓を労わることからはじめてみてください。

みなさんも、リフレッシュした身体で仕事をすることを習慣にしてみませんか?

【参考書籍】

「空腹」が人を健康にする
南雲吉則
サンマーク出版
売り上げランキング: 115,842

SoloProプロデュースのサービス

フリーランス向け「働き方デザイン」コーチング・セッション
自分の人生を働き方からデザインできるフリーランスや、独立に興味のある方をサポート!
詳細はコチラ

フリーランスの健康と仕事のサロン「FreeRun`s」
運動や栄養のプロコーチに支えられながら、自分のペースで健康的なライフスタイルを手に入れてみませんか?フリーランス仲間もできるかも!?
詳細はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 美由紀

理学療法士・ダイエットコーチ。 理学療法士資格取得後、病気になってから悩む人を減らしたいと予防医学を学ぶ。学んだ知識で自身も-10㎏のダイエットに成功、体の不調も次々と解決し人生が変わる。現在は理学療法士(予防医学)10年以上の経験を用いダイエットコーチとして活動。習慣化のメソッドを用いた個別カウンセリング、セミナー開催でのべ1000人以上に関わり、雑誌やWeb動画の監修なども行っている。