ベストセラー作家・岡田光世さんに学ぶ、人の心をひらく「聞く力」とは!?【後編】

img_2083-1

ビジネス書やハウツー本と違い、なかなか売れない難しいジャンルであるエッセイで「ニューヨークの魔法シリーズ」が異例のヒット!第1弾を皮切りに、第2弾、第3弾と次々と出版され、2016年12月1日には第7弾が発売。シリーズの累計は35万部となりました。「エッセイでここまで版を重ねるのは異例」と編集者をも驚かせている本シリーズ。では、なぜここまでヒットしたのか、前編記事に続き後編ではベストセラーが生まれた理由に迫っていきたいと思います。

◎岡田光世
東京生まれ。青山学院大学卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。読売新聞米現地紙記者を経て、作家・エッセイストとなる。
高校、大学時代に1年間ずつ、アメリカのウィスコンシン州とオハイオ州に留学し、1985年よりニューヨークに住み始める。今もニューヨークと東京を行き来しながら、執筆を続けている。
著書には、ニューヨークの街の温かい触れ合いを描いた「ニューヨークの魔法」シリーズ、まんがで現地の生きた英語表現を学べ、同時にニューヨークの文化や習慣を知ることができる人気のシリーズ「奥様はニューヨーカー」など多数。
公式HP
公式Facebookページ
・新作著書

大切なのは「聞く力」!? なぜ人は著者にだけ心を開いて、とっておきのエピソードを話すのか

dscf7228

「ニューヨークの魔法」シリーズには、ニューヨークで暮らしている人達と交わされた、心があたたまるエピソードがたくさん詰まっています。
そんな文章を書くためには、初対面の人から素敵なストーリーを引き出す「聞く力」が必要なのでは!? ということで、まずはその秘訣をうかがってみました。

岡田さん流「聞く力」(1)まず自分が素になること

岡田光世さん
まずは自分が素になることが一番大事なんじゃないかと思います。言葉は丁寧だけれど、本心は何を考えているか分からない人って話していて不安になりますよね。でも自分を隠さずオープンに接すると、相手も心を開いてくれるようになると思います。
でも、私が嬉しい時も悲しい時もそのまま表現するからか、夫には「光世は喜怒哀楽が激しい」って時々言われちゃうんですよね(笑)。
本当はどう思っているか分かりにくい人は、コミュニケーションがとりにくいですよね。だからこそ、自然体で感情をそのまま表現している岡田さんは、相手にとってもコミュニケーションがとりやすいのかもしれません。
岡田光世さん
私は日本でも海外でも、よく人に道を聞いたり助けてもらったりしているのですが、そういう所から会話が広がることがあります。
初対面の人に自分の知らないことを聞いたり、助けを求めたりすることって、ちょっと勇気がいること。でも岡田さんは格好つけずに自分の弱みも見せてしまう。ありのままだから、相手も心を開きやすいし、なんだか助けてあげたくなってしまうのだろう。
逆にガードが固く一人で完結してしまう人は、手を差し伸べる必要や隙間がないから、人も情報も集まりにくいのではないでしょうか。そういう意味でも、素の自分を出せる人は、人も情報も集まりやすいのかもしれません。

 

岡田さん流「聞く力」(2)相手の話を興味を持って聞く

岡田光世さん
本の中には、私が実際に出会った強烈なキャラクターが色々出てくるのですが、私は彼女たちに似ているかもしれません。相手の話を、自分のことのように喜んだり悲しんだりしながら聞いている。みんな聞き上手なんです。
基本的に人って話を聞いてほしいのだと思います。家族の話だって、耳を傾けていない人も多い。例えば私の母は、よく愚痴を言うんですが、仕事で忙しい時はそれを聞くのが面倒に感じることがあります。でも、たまにちゃんと話を聞いてあげると、態度がコロッと変わり、表情が明るくなりますもんね(笑)
一番身近な家族でさえ、一緒にいることが当たり前になってしまい、相手の話をしっかり聞くことを疎かにしがち。だからこそ、自分の話を親身に聞いてもらうと人は嬉しくなり、他の人に話せないような話を岡田さんにしてしまうのかもしれません。

岡田さん流「聞く力」(3)自分とは違う価値観を受け入れる

岡田さんは本の中で、できるだけ「~べき」など自分の主張を書かないようにしているそうです。でも敢えて訴えたいことがあるとしたら、「どこの国のどんな人でも自分と同じ土俵に立っていて、相手がどんな価値観を持っていても、まずはそれを尊重し受け入れること」とおっしゃっていました。
人と接する時も、自分と違う価値観を持っている人を受け入れ尊重すること、偏見を持たないことを意識しているそうです。

岡田光世さん
ホームレスの人だって、自分がいつホームレスになるか分からないし、殺人者だって、もしかしたら魔が差して殺してしまった人もいるかもしれない。
私たちは同じ人間だから、人間として感じる痛みはみな同じ。だから、もし相手が自分と価値観が違っても、その人の痛みを自分のこととして感じること、受け止めたりすることはできますよね。
よく「この人とはもう付き合わない!」とか「許さない!」って思ってしまいがちですが、そんなことを言っていたら、世界平和なんて来ない。世界平和は、そういう身近なことから始まると思うんです。
もし嫌なことを言われたり、されたりしても、自分にはその人のいい所が見えていないだけかもしれない。だから私は、例え相手が私に対して壁を作ったとしても、私は相手に壁を作ったりしないようにしています。

岡田さんが考える、ニューヨークの魔法シリーズがヒットした理由

dscf9393

ニューヨークの魔法シリーズの内容は、日々の何気ないこと。でも多くの読者が共感した理由は何なのでしょうか。岡田さん曰く、それは日本人がなんとなく感じていた「寂しさ」にあるのではないかとのこと。

日本人は冷たいのではなく、人にどう思われるかが怖いだけ

岡田光世さん
ニューヨークではよく知らない人同士が話したり、助け合ったりしているんです。でも特に東京などでは、知らない人とコミュニケーションをとることがそれほど多くないですよね。
これまで私は、日本はしがらみの社会だから、会社や学校などの人間関係に疲れて、その他ではなるべく人とコミュニケーションを取りたくないのだろうと思っていました。
でも、この本を出版して、読者から「日本もニューヨークのようになったらいいな」とか「この本を読んで、私も人に話しかけられるようになりました」というような感想がたくさん届いたのです。
それを見て日本人は冷たいのではなく、本当は電車の中で席を変わるなど、誰か困っている人がいたら助けたいと思っている。でも人にどう思われるかが怖かったり、気になったりして、コミュニケーションを取らないだけなのではないかと気づきました。
ある編集者がこの本を読んで「甘酸っぱい子供時代を思い出す」と言ってくださったことがありました。子供を見ていると本当によく笑うし、好奇心のまま動いている。ニューヨークって大人でも、そういう部分が残っている気がします。だからニューヨークの人を見て、自分も子供の頃そうだったな、こんな感じだったな、彼らみたいに人の目を気にせず自由に生きられたら楽だろうな、楽しいだろうなと思うのかもしれません。

人の悪い所ばかりをフォーカスするのではなく、最後に光が見えるものを書いていきたい

最後に岡田さんに、これから書いていきたいことを伺いました。

岡田光世さん
人は誰もが、美しさやきらめきを持っている。私はそういうものが出る一瞬を、消えてしまう一瞬を、文章に残していきたい。人の悪い所ばかりをフォーカスするのではなく、最後に光が見えるものを書いていきたいです。
そして、ほんのちょっとした出会いが誰かを嬉しい気持ちにさせたり、そこで交わされたほんのちょっとしたユーモアが誰かの心をぽっとあたたかくする。ニューヨークの魔法シリーズでは、そういうことを伝えられたら嬉しいです。

まとめ

岡田さんが人の話を聞く時も、書く時も一貫しているのが、相手が自分と違う価値観でも受け入れ尊重するということ。そしてどんな人でも美しさを持っていると信じているところ。だからこそ、岡田さんと話すと人はいつの間にか心を開いてしまうし、岡田さんの文章は多くの人の心を動かすのだと思いました。
この考え方は、人とコミュニケーションを取る上で、人に何かを伝える上で、とても重要だと思いました。全ての仕事は、人との関わり合いの中で生まれる。様々な職業の方、立場の方にとっても、参考になる考え方だと思いますので、是非みなさんも生活の中で取り入れていただければと思います。

 

12月17日(土)岡田光世先生、新刊「ニューヨークの魔法の約束」発売記念トークショー&サイン会 開催!
〜湘南をニューヨークの魔法にかけよう〜

詳細はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です