会社を辞めずに、リスクなくチャレンジできる!まずは週末の副業から始めてみよう【週末起業家・さとうあやこさんインタビュー(前編)】

IMG_1737

「いつか好きなことを仕事にして、自分らしいワークスタイルを実現したいけれど、いきなり会社を辞めるのは怖い」「今まで会社員として働いてきたけれど、この先10年後、20年後も同じような働き方でいいのかな」……etc。

このようにモヤモヤしながら働いている人は少なくありません。そんな方にオススメなのが、本業を続けながらリスクなくチャレンジできる週末起業。

今回は、出版広告業界にて会社員として働きながら、週末起業でブログコンサルタントやセミナー講師として活躍する、さとうあやこさんにインタビューを企画。前編では、さとうさんがどのように週末起業を始めていったのかを伺いました。

◎さとうあやこ
週末起業家・ブログコンサルタント早稲田大学第一文学部卒業後、出版広告業界にて営業・ディレクターを務め、現在は管理職。会社員として働きながら⾃らも「週末起業」を実践する第⼀⼈者。ブログコンサルタント、セミナー講師として活動し、ビジネスパートナーの渋谷あいかとともに週末起業塾の運営・講師を務める。部員数100名を超える「大人の女子校」週末起業部部長・講師兼務。2014年4⽉の起業から現在までで、お客様はのべ600名以上、国内のみならず世界中にクライアントを持ち、セミナーは⼤阪、名古屋、福岡など全国で開催している。

公式ブログ
https://ameblo.jp/weekend-entrepreneuse/
facebook
https://www.facebook.com/ayako.sato.3557

会社員をしながら、週末起業を始めたキッカケ

ーーあやこさんは、会社員をしながら週末起業家・ブログコンサルタントとしてご活躍ですが、そもそも週末起業をやろうと思ったきっかけを教えてください。

理由はいくつかあります。まずは、大学卒業後に今の会社に入って一通り経験して中堅社員になったものの、他の会社で働いたことはないので、自分は社会で通用するのだろうかと不安になったからです。

それに出版広告業界という忙しい世界で働いてきて、この働き方をずっと続けていけるのかなと。周りには男性社員ばかりなので、彼らの働き方を見ていて、自分も10年後20年後同じような働き方をしたいかと考えた時、疑問を感じてしまったんです。

また大学生の頃から、いつか個人の名前で仕事ができるようになったらいいなと、独立への憧れがありました。でも、営業職だったこともあり、自分には専門的なスキルはないんじゃないかと思い、独立したくてもどうしていいかわかりませんでした。

そこで、まずは起業の仕方を調べてみることにしました。当時本屋さんに行くと、ブログで稼ぐ方法について書かれた本がたくさんあったんですね。私は18歳から15年ぐらい趣味で複数のブログを書いていたので、「ブログで有名になれば、何か道が開けるかもしれない!」と思い、どうやったらアクセスが上がるか研究を始めました。

同時に、現在の週末起業に関するブログを新たに立ち上げ、情報収集をしていたら、独立の仕方を学べる起業塾というものがあることを知り、31歳の時に受講しました。その起業塾では、自分で稼ぐ経験を積むことを方針としていて、1ヶ月間でサービスをゼロから作り、売上を15万円作ることが課題でした。

お客様になりうる人にニーズを聞いて、商品を作っていった

ーーその時から、今のブログコンサルをサービスにしようと考えていたのですか?

元々はファッションをテーマにしたブログのアクセス数が多かったので、お客様に似合うお洋服を選ぶパーソナルコーディネーターをしようかなと考えていました。

でも、その起業塾では「お客様になりうる人にニーズを聞いて商品を作りましょう」と教えられていたので、ビジネス系の交流会に行って色んな人にニーズを聞いてみました。

すると、その頃ブログのPVが1日2~3万PVぐらいあったので、「ブログのアクセスを上げる方法を教えてほしい」と言われることが多かったんですよ。これは驚きでした。私にとって、ブログを書くことは学生時代から15年ぐらい続けていた当たり前のこと。人に教えるまでもないと思っていたからです。

最終的には、Facebookでアンケートをとって決めました。「こういう商品を考えています」と5つぐらい商品候補を挙げて、「一番いいねが多かったものを商品化し、ご協力くださった方にはモニター価格でご提供します」と投稿したところ、一番多かったのがブログのコンサルだったんです。

ーーFacebookでアンケートをとるって面白い発想ですね。でも、ビジネスを始める前に、周りの人に宣言するって勇気がいることだったのでは?

確かに、「誰もアンケートに答えてくれなかったらどうしよう」と不安もあったのですが、まだ駆け出しだしゼロからのスタートだからいいかなぁと。実際にやってみると、ビジネス交流会で出会った人たちが応援してくれて、アンケートに協力してくれたんですよね。やっぱり、同じような想いの人達と会って交流することって大事なんだなぁと思いますね。

ーー確かにそういう人達と一緒に過ごすことで、自分も頑張ろうと思うし、より起業が身近になって「私もできるかも!」と思えますもんね。

すぐに週末起業が軌道にのった理由

ーーサービスが決定したら、次は販売です。どのように販売していったのですか?

最初は1回5000円でブログのプチコンサルを始めたのですが、起業塾の課題である売上15万円を達成するためには30回やらなければならない。これでは期限までにとても間に合わないと思って、3ヶ月間の継続コンサルで1万円というサービスを作ったんですよ。そうしたら10名様にご購入いただき、締切りの最終週にギリギリ達成できました。

ーーすごい!達成できた要因は何ですか?

実際にコンサルを受けてくれた人が、「あやこさんのおかげでブログのPVが上がった」とブログやFacebookでクチコミしてくれたんですよね。同時に、「ブログの書き方」というテーマで丁寧に記事を書いていたので、その記事をシェアしてくれる人もいてどんどん広まっていきました。

ーーシェアされた先に、情報がちゃんとまとまっているブログがあるから、信頼に繋がったんですね。

そうですね。お客様が私に興味を持ってくれて、ブログを読んでくれて、信頼してくれて、コンサルを受けてみたくなるという流れが、最初からある程度作れていたので、クチコミが起きたのかなと思います。

その後、起業塾を卒業してからは、月に30~40人のブログコンサルをしながら、セミナー講師も始めました。一人一人のお客様に真摯に向き合い、毎回1人に対して原稿用紙5~6枚分のアドバイスを書いていたので、この頃は本当に忙しかった。平日は本業を無理やり20時に終わらせて、会社帰りにカフェに行って23時ぐらいまで働き、土日も休みはなし。連休や年末年始もずっとブログコンサルの提案書を作っていました。

ーーそんなに働いて辛くはなかったのですか?

確かに体力的には大変ではありましたが、楽しかったんですよね。自分がやればやるほど、申し込みが増えたりクチコミが増えるので、そのまま評価として返ってくる。やりがいを感じていたので、夢中になってやっていましたね。おかげで、この最初の1年で実績と良質なクチコミを積み上げることができ、お客様がどんどん増えていきました。

1年後には、セミナーの集客やお問い合わせ対応を外注したり、商品の単価を上げてよりクオリティの高いサービスを提供できるように体制を整え、自分のペースで働けるようになりました。今では週末起業の収入が本業の収入を超えるまでになりました。

会社員をしながら週末起業を始め、1年でビジネスを軌道に乗せた、さとうあやこさん。インタビュー後編では、これから週末起業にチャレンジしたい人へ向けてアドバイスをいただきました。

 

▼インタビュー後編はこちら
経験や趣味が仕事になり、収入もやりがいも得られる!週末起業はメリットしかない【週末起業家・さとうあやこさんインタビュー(後編)】

 

SoloProプロデュースのサービス

フリーランス向け「働き方デザイン」コーチング・セッション
自分の人生を働き方からデザインできるフリーランスや、独立に興味のある方をサポート!
詳細はコチラ

フリーランスの健康と仕事のサロン「FreeRun`s」
運動や栄養のプロコーチに支えられながら、自分のペースで健康的なライフスタイルを手に入れてみませんか?フリーランス仲間もできるかも!?
詳細はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です