あなたにも #未来を自由に選ぶ力 がある。【3年で3000人以上の自分らしい働き方を応援。未来シフトコーチ 鈴木実歩】

未来を自由に選ぶ力

フリーランスや起業家として独立するのは、誰だって不安だ。

でも、勇気を持って挑戦したからこそ見える世界もある。

身につく”力”もある。

……

 

朝8時。

柔らかな日差しが降り注ぐ都内の公園を散歩しながら、そんなテーマで取材を行った。

 

「未来を自由に選ぶ力」の著者であり、女性の起業家支援を行っている未来シフト株式会社 代表 鈴木実歩さん。

10年間の”ふつう”の会社員生活を経て、起業後3ヶ月で月商100万円を達成、3年間で3000人以上の女性と関わり、自分らしい働き方や生き方を応援。「好き」と「得意」を活かした仕事で、時間・場所・お金にとらわれない生活を短期間で実現している。

インタビューするのは、同氏の夫であり、”ソロ”で働く人のライフスタイルを良くするメディア「SoloPro」の編集長でもある松田 然。今回は、ここでしか実現しない夫婦対談を、朝のリラックストークに乗せてお届けします。

鈴木 実歩
未来シフト株式会社代表取締役
女性のためのコーチング/起業コンサルタント
10年間の”会社員生活”に終止符を打ち、2014年11月、クライアントゼロから「未来シフト・コーチング」という肩書きで起業。独自のインターネットマーケティング・SNS活用術をフルで駆使し、あっという間にソーシャルメディア起業界を代表する存在となる。
松田 然(もゆる)
「SoloPro」編集長。働き方実験家。
ライターカンパニー「合同会社スゴモン」代表や、自転車旅ライター(仕事をしながら47都道府県走破)など、いろいろな働き方の実験を通じて、時間や場所や仲間を主体的に選択しながら働ける人を増やす活動をしている。他、フリーランス向けのコーチングやオンラインサロン「FreeRun`s」も主宰。

独立するのに一番不安だったことは何?

朝の公園は気持ちいいね。
実歩
ね。
こんなゆるいシチュエーションだけど、歩きながらインタビューしちゃていいかな?
実歩
いいともー
LRG_DSC02354
独立したのが今から3年くらい前だったけど、その頃一番不安だったことは?
実歩
ストレートに言うと、やっぱりこれから食べていけるのか、ってことだよね。

会社員だと、毎月決まった給与が口座に振り込まれるから、それで家賃を払ったり交遊費にあてたり、どのくらい貯金できるのかも読める。でも、独立したらその保証はどこにもないから、正直怖いよね。きっと、会社を辞めようと考えている人なら誰でも。

自分も独立して8年目になったけど、最初の数年は会社員時代に貯めたお金が毎月どんどん無くなっていく恐怖を味わった(笑)

この「SoloPro」というメディアは、そんな自分自身やソロで活躍している人の経験を、これから独立を考えている人にも参考にしてほしいという想いもあって運営しているんだけど、その初期フェーズの不安をどうやって乗り越えたのかな?

実歩
まず、独立するのは怖かったからこそ、会社勤めをしながらも、自分でお金を作る実験はいろいろしてたかな。
具体的には?
実歩
物販やアフィリエイトなどインターネットを使ったビジネスがメイン。でも、今思うのは、「何をするか(What)」は時代によって変わるけど、お金を作るルールは変わらないし、まずは”雇われマインド”から、自分でお金を作る”オーナーマインド”をインストールすることが大事だと思う。

そのポイントがわかれば、どんなビジネスにでも応用できることがたくさんある。

それでいうと、まずはコーチングで独立したのに、コーチングビジネスの経験があったわけじゃなかったよね?
実歩
講座などに通って勉強はしていたけど、クライアント相手にはじめてセッションを行ったのは独立してからだね。一番最初のころは90分3000円。交通費や、その場のカフェ代を払ったら、利益は1000円くらいしか残らなかった。でも、目の前のクライアントの悩みがスッキリして喜んでくれたことがとても嬉しかったんだ。

それからは、まずはこの分野で結果をだそうと必死になったよね。

結果を出すまでは一点集中突破

独立してからいろいろ手をだして”何屋”かわからなくなる人もいるけど、最初はコーチングの仕事に注力したんだね。
実歩
そう、一点集中突破。クライアントが結果を出せるようにサポートすることに全てのエネルギーを注いでた。そうしないと自分に対する自信もつかないし、仕事以外の無駄な時間は極力無くしたかな。
自分は、そんな努力をしている姿を一番近くで見ていた人だと思う。正直、あの頃はかなり戦闘モードに入ってたよね。「今、仕事に集中してるから邪魔したら大変なことになるぞ」ってオーラがすごかった。あっ、それは今もか(笑)
実歩
喧嘩もしたけど、理解があるパートナーがいてよかった(笑)
パートナー大事。太字にしとく。

で、もう少し独立初期フェーズのことを聞きたい。何かに注力して一点集中突破する時期と、ビジネスを広げてステージを上げていく時期があると思うんだけど、その転換点を知りたいな。

実歩
初期フェーズは、とにかく結果を出すことにこだわること。そうしないと、自分が何者であるかがクライアントやビジネスパートナーに伝わらない。だから、結果がでないうちから、誰かに誘われてコラボしたり、ちょっと良さそうと思っていろいろなビジネスを手がけたりしても、自分が薄まるよね。
たしかにそうだね。自分もフリーランスの人と一緒に仕事をすることが多いので、それはとても感じる。不安を解消するためだったり、目先で食べていくために手当たりしだいに手を出してしまう人は、エネルギーが分散しちゃうんだよね。心情はわかるけど。

だからこそ、会社員時代に副業などを経験して、自分がどんな分野が得意で、何に情熱を注げるかを知っておくといいのかもね。

実歩
そう。私も会社員時代にいろいろやって、その時は迷ったりもしたけど、独立してから「女性」や「起業」というキーワードを見つけ、時代の流れも後押しして1点集中突破できた。

自分を知ることが、ビジネスを拡大するきっかけに

o2500166713840216159
1対1のコーチングセッションで実績を作ってから、一度に多人数を相手にする講義形式にすることでビジネスが拡大していったよね。
実歩
クライアントと1対1のビジネスが得意な人もいれば、1対多数が得意な人もいる。私の場合、はじめて多くの人の前でしゃべったのは講座の説明会を開催した時。前日までとっても緊張したし、当日も50人くらいの人の前に立つ前は足が震えたていたんだけど、話し始めると何とも言えない楽しさを感じたんだよね。

会が終わった時の達成感や高揚感は今でも忘れられない。きっと私は多くの人に”何かを教える”のが好きなんだって気づいたことが仕事の幅を広げるきっかけになったかな。

ハマった感覚かな……? 自身の感情と向き合いながら仕事や働き方を選ぶのは大事だよね。そういえば、うちら二人ともコーチングの仕事もしているし、自らの心と対話することが多い。自分を知るというところに「未来を自由に選ぶ力」を得るヒントはありそうだね。
未来を自由に選ぶ力

未来を自由に選ぶ力

posted with amazlet at 18.01.21
鈴木 実歩
WAVE出版
売り上げランキング: 1,198
実歩
新刊本の宣伝ありがとう。
夫婦ステマ(お代は一切いただいておりません)。

当たり前の基準をあげる

「未来を自由に選ぶ力」では、独立したり一人ビジネスをしていく上での考え方や行動のヒントも多く載せていたけど、このメディア「SoloPro」の読者が、その力をつけるためには何が必要だと思う?
実歩
1つ挙げるとすれば、自分ではちょっと無理!と思えるようなレベルの高い環境に身を置くこと。
というと?
実歩
例えば、フリーランスのライターになったら、いつも自分と同じようなレベルの人と一緒にいても成長しないよね。反面、この人はすごいと思えるようなレベルの高い人達は、同じくレベルの高い人達と一緒に仕事をしていたり、プライベートでも連んでいたりするよね。

そういった環境に跳びこんでみること。自分に実力がなかったら最初は相手にされないかもしれないけど、それならお金を払って教育を受けたり、修行のような形で一緒に働かせてもらったり。そうすることで、行動や考え方の”当たり前の基準”が変わるのは大きい。

当たり前の基準を変える……!
実歩
私の場合、1対1のセッションが、数十人規模の講座になり、数百人を呼ぶイベントを経験することもできた。毎回、ちょっと難易度を上げた挑戦だったので、正直苦しいと思うこともあったよ。メンタリストDaigoさんとトークセッションをしたイベントでは、500人の集客目標で、最初は200人くらいしか応募がなくて焦ったり(笑)。それでも最終的には満員になるほどお客様が来てくれて、大成功だった。

o0960063913768672084

そういった挑戦を通じて、自分も周りの人のレベルも上がってきた感じがするな。

DaigoさんのイベントはSoloProでも取材させてもらった。とても学びが多かったし、このイベントを「やりたい!」で終わらせず、絶対やりきるという気持ちがすごかったね。

メンタリストDaiGo直伝!9つのポイントで「超集中力」を手に入れる

2016.10.17

メンタリストDaiGoが教える、集中力を持続する8つの方法と回復するための3つの処方箋

2016.10.18
独立初期フェーズは、多くの人が食べていくのに必死だけど、すごいと思えるレベルの人達は食べるためだけに仕事をしていなかったりするよね。そんな人を、このメディアでは、ソロのプロフェッショナル「SoloPro」って呼んでいる。プロとしての力を付けていくには、まさにそういう人と付き合うのがいいということだよね? 答えを誘導しているわけではない(笑)
実歩
自分が目指したいレベルのステージにいる人と同じ環境に身を置く努力は必要だね。視座が高くなることで、未来を選択する力もついてくるはず。

常に学び、成長し続ける

よし、最後の質問。けっこう歩いた。

約3年前はどこにでもいるOLさんだったころから、今では一人で年商1億円越えのビジネスを手がけるまでに急成長できた経験を経て、独立初期の自分自身にアドバイスするとしたらどんなことを伝えたい?

実歩
う〜ん、自己流で進めるのは怖いよってところかな(笑)

先ほど、レベルの高い環境に身を置くことが大事とも言ったけど、やりたい分野ですでに成功している人や、自分にとって憧れのライフスタイルを実現している人から学ぶといいよってメッセージを送る。

例えば、私は会社員時代に「ユダヤ人大富豪の教え」の著者として有名な本田健さんの講演会に行って、私もいつか大勢の人の心や人生を動かすことをやりたいと思ったんだ。他にもプロデューサータイプで、新しい挑戦をしている人からは常に刺激を受けていて、その人の考え方を学ぶようにしてる。

自分もライターという職業を通じて、ロールモデルになる人をたくさん取材してきたことが、今の生き方に影響しているな。
そして、この記事や「未来を自由に選ぶ力」を読んで、未来を変えたいと少しでも思った人が、そこで得た学びを通じて力をつけてくれたら嬉しいよね。
実歩
きっかけとタイミングさえあれば、誰でもその力はつく!がんばろう。
未来を自由に選ぶ力

未来を自由に選ぶ力

posted with amazlet at 18.01.21
鈴木 実歩
WAVE出版
売り上げランキング: 1,198

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA