年間300日夫婦で旅をしながら幸せな結婚生活を送っているカップルが、毎日行っている習慣とは!?【マツダミヒロさん✖️和佳奈さん夫婦対談(1)】

ファイル_001 (4)

世の中には、結婚をしてより幸せになるカップルと、逆に悩みが増えているカップルがいる。その違いは一体何なのか?

……ということで、幸せなパートナーシップを築かれているマツダミヒロさん・和佳奈さんご夫妻にインタビュー!

お互いに好きな仕事をしながら、1年のうち300日以上、夫婦で世界中を旅しているお二人。さらに結婚してから、収入もアップしたという。愛も仕事も自由も…… 自分たちの理想を叶えているお二人に、その秘訣を伺いました。

◎マツダ ミヒロ
「魔法の質問」主宰、質問家、ライフトラベラー、作家
◎松田和佳奈
Holistic Life Consultant時間と場所にとらわれないビジネススタイルで世界を旅しながら、各国で講演・セミナー活動や執筆を行う。1年のうち300日は海外に滞在。2015年より夫婦で始めたインターネットラジオ番組「ライフトラベラーズカフェ」(Podcast)は、Appleの2015年のベスト番組に選ばれ現在は30万人の視聴者がいる。

ポッドキャスト:http://apple.co/239nOC0

自分の価値観が分からないと、付き合っては別れて……を繰り返してしまう

ーー本日はありがとうございます。実は以前ミヒロさんを取材をさせていただいた際、和佳奈さんともお会いし、なんて素敵なご夫婦なんだろうと感激して。いつか夫婦円満の秘訣を伺いたいと思っていたので、今回実現して嬉しいです。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

マツダミヒロ(以下、ミヒロ)&松田和佳奈(以下、和佳奈):よろしくお願いいたします。

ーーお二人は今すごく素敵なパートナーシップを築かれていますが、最初からそうではなかったと伺いました。特にミヒロさんは、ジェントルマンの”ジェ”の文字もないぐらいだったとか(笑)!?

和佳奈:私たちは長年友人だったんですが、彼は友達みんなでいる時も仕事をしているような人で。自分が興味あること以外、無関心だったんですよ。友達だったからよかったけど、「この人とは付き合えないな」って思ってた(笑)

一同:(笑)!

ーーその後、ミヒロさんが和佳奈さんに告白。すぐにはお付き合いはされなかった。

ミヒロ:僕たちはお互い再婚カップルということもあり、まずはこれからどう生きていきたいか、それぞれが自分と対話して見つめ直したんです。向き合うのって、怖いし面倒くさいし、エネルギーがいる。でも、自分の価値観がわかっていないと、また付き合っては別れてを繰り返してしまう

和佳奈:そう、負の連鎖が続いてしまうんです。だから「自分は何を大切にして生きていきたいんだろう」ということを、それぞれで考えました。

どんなパートナーシップを築いていきたいか、話し合った

ファイル_003

ミヒロ:自分と対話したあと、今度は二人で「どんなパートナーシップを築いていきたいか。それぞれが大事にしたいことは、なんだろう?」ということを話し合っていきました。その時、僕たちが決めたのは、二人で一緒にいる時間を一番大事にすること、相手が大切にしていることを大切にすること、なんでも言葉にして話すことです。

和佳奈:これを決めておくことで、理想の状態に向かって、どんなコミュニケーションをしたらいいか、どんな行動をとったらいいか見えてくるから。

ーーその話し合いの中で、お互いの意見が食い違うことはなかったんですか?

ミヒロお互い主張し合うというより、二人で作り上げていったという表現の方が近いですね。

和佳奈:例えば、素敵なご夫婦に会ったら「そのカップルのどんなところが素敵だと思うのだろう」ということを二人で話し合っていきました。そうすると、自分たちはパートナーシップに何を求めているのか見えてくる。

ミヒロ:プラス、日々の出来事に対して、自分はどんな感情になったかということも、同時にシェアしていました。

和佳奈:私たちは10年来の付き合いだから、お互いの性格はだいたいわかっている。でも、ある出来事が起きた時、どんな気持ちになるかまではわからないから、細かい感情の動きもその都度共有しました。

ミヒロ:それは結婚した今でもずっと続けていますね。でも、形式張ったものじゃなく、美味しいものを食べながら「今日はどんな1日だった?」って感じで聞いています。

ーー最近読んだパートナーシップの本にも、いい関係を築いている夫婦は、日々の出来事や、お互いの価値観や夢などを共有している、と書いてありました。お二人はお付き合いされる前も、そして夫婦となった今も自然と実践されているんですね。

ミヒロ:そうですね。まずは自分と対話し、価値観を知る。その上で相手と対話し、お互いの求めているものを擦り合わせて理想の関係を創っていく……。パートナーシップを築く上で、この一連のステップは重要かもしれません。

二人の『ラブルール』を作る

ーーここまでお話いただき、対話をすることがいかに重要かわかりました。

ミヒロ:これはシングルのうちも、結婚をしてからも、ずっと大切ですね。対話することで自分たちがどうしていきたいかが明確になり、未来の指針になるので。また、指針を作るという意味では、パートナーと『ラブルール』を作るのもいいかもしれません。

和佳奈:「自分たちは何を大切にしていきたいのか」とか「どんなパートナーシップを築いていきたいか」というテーマだけではなく、もっと細かいことも決める。

例えば、喧嘩をしても寝る前には仲直りをしてハグしようとか。喧嘩がヒートアップしてお互いに冷静な対話ができない状態だったら、1時間離れて頭を冷やしてから話し合おうとか。そういう細かいことも、仲が良い時に決めておくといいですよ。

ミヒロ:このラブルールを決めようと対話すること自体、お互いの理想を作り上げていく作業の一貫ですしね。

<まとめ>
・自分と対話をして、自分の価値観を知る
・相手と対話をして、お互いの求めているものを擦り合わせ、理想の関係を作っていく
・「今日はどんな1日だった?」と日々共有し合う
・ラブルールを作る

夫婦対談の第1弾では、「幸せな結婚生活を送っている夫婦が、毎日行っている習慣」について伺いました。第2弾では夫の運を上げる、アゲ妻になる方法について伺っていきます。

▼第2弾はコチラ
仕事量を1/10に減らすも収入アップ!? 夫の運も上げる、アゲ妻になる秘訣を聞いてみた

最愛の人と出逢う「恋のしつもん」 最高の関係になる「愛のしつもん」
マツダ ミヒロ
マガジンハウス
売り上げランキング: 93,957

 

SoloProプロデュースのサービス

フリーランス向け「働き方デザイン」コーチング・セッション
自分の人生を働き方からデザインできるフリーランスや、独立に興味のある方をサポート!
詳細はコチラ

フリーランスの健康と仕事のサロン「FreeRun`s」
運動や栄養のプロコーチに支えられながら、自分のペースで健康的なライフスタイルを手に入れてみませんか?フリーランス仲間もできるかも!?
詳細はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鮫川佳那子(さめこ)

【NY在住ライター/ニューヨーク女子部♡主催】 青山学院大学卒業後、サイバーエージェントに入社し広告制作・メディア編集に携わる。現在はニューヨークの新聞をはじめ様々な媒体でコラムの連載や、海外で活躍する日本人のインタビュー記事を執筆。またNY在住の20~30代女性が300名以上所属するコミュニティ「ニューヨーク女子部♡」を主催し、イベント企画運営も行っている。