可愛いままで年収1000万!宮本佳実さん流「好き」を仕事にする方法【インタビュー前編】

special_top_01

「好きなことを、好きなときに、好きな場所で、好きなだけ」をコンセプトに、女性の新しい働き方・生き方(ワークライフスタイル)を発信されている宮本佳実さん。2015年には「可愛いままで年収1000万円」というインパクトあるタイトルの本を出版し、ベストセラー作家の仲間入りを果たしました。インタビュー前編では普通のOLだった宮本佳実さんが、「好き」を仕事にするまでの道のりを伺ってきました。

◎宮本佳実
愛知県出身。高校卒業後、アパレル販売員、一般企業で人事・受付を経験し、25歳で司会者の道へ。その後28歳で起業し、パーソナルスタイリストとして名古屋駅近くに「女性のためのスタイリングサロン ビューティリア」をオープン。現在はワークライフスタイリストとして全国各地でセミナーや講演会を開催し、女性の新しい働き方・生き方を伝えている。
公式HP:http://yoshimimiyamoto.com/hp/
ブログ:http://ameblo.jp/beauteria/

小さい頃から、やりたいことは全部やる子だった

― 宮本佳実さんは、子供の頃どんなお子さんでしたか?

小さい頃から何でもやる子でした。やりたいことは全部やるけれど、面白くないと思ったらすぐ辞めちゃう(笑)。当時はどちらかというとそれは欠点だと思っていました。

でも今、ワークライフスタイルのセミナーで、何か始めたいけれど勇気が出ないという女性たちに「投げる球は軽く、そして数を多く!」とお伝えしています。振り返って考えてみると、子供の頃からそれを実践していたのかもしれません。

1回始めたら続けなければいけないと思うと、なかなか一歩が踏み出せない。でもまずは色々やってみて、何か違うなと思ったらすぐ辞めてもいいって思うと、気軽にチャレンジできると思うんですよね。

OLを辞めて司会者になったけれど

そんな性格だったので、これまで色んなお仕事をしました。高校卒業後はアパレルの販売員、一般企業で人事や受付の仕事をしていました。

その後は25歳でフリーランスの司会者になりました。キッカケは友達の結婚式の二次会で司会をしたら、「話すのが上手だね」と好評だったこと。また色々調べてみたら、OLからスクールに通って司会者になっている人もいたので、私にもできるかなと思ったんですよね。そこで会社を辞め、司会者の道を進み始めました。

でも実際に司会者になってみたら、プレッシャーに押しつぶされそうになる日々。結婚式の司会をすることが多かったのですが、間違えてはいけないと毎晩うなされていました。司会は人気商売なので、指名をもらい続けるために必死で働いていましたね。

28歳でパーソナルスタイリストとして起業

司会の仕事は頑張ればできるけれど、好きな仕事ではなかった。だから「このままでいいのかな?」ってモンモンとしながら働いていました。そんなある日、私はお洋服をコーディネートするのが好きだったので、それが仕事になったらいいなと司会の先輩に相談をしたんです。そしたら「資格を取ってパーソナルスタイリストになればいいんじゃない?」とアドバイスをくれて。ネットで調べてみたら、そういう仕事をしている人が結構いたので、私もできるかもと思い28歳で起業しました。でも、すぐにその道1本でいくのではなく、司会の仕事を徐々にフェードアウトしていきながら、パーソナルスタイリストの仕事にシフトしていきました。

起業してすぐの頃は、何をすべきか分からなかったので、異業種交流会にもたくさん行きましたし、思いつくことは全部やりました。そうやって色々やってみて、これは自分に合っている、これは自分に合わないというものが分かっていき、次第に取捨選択していきました。

ワークライフスタイリストになった理由

yoshimi1

そうやってパーソナルスタイリストの仕事をしていて、ふとスケジュールを見たら、好きな予定しかなく、嫌な予定が1つもないことに感動してしまったんです。「OLだった時のことを考えると嘘みたい!こういう働き方も1つの選択肢としてアリなんじゃないか。それに私ができたなら、誰でもできそう。これはもっと色んな人に広められるかもしれない!」と閃きました。そこでワークライフスタイリストという肩書きを作り、全国各地でセミナーや講演会を開催し、女性の新しい働き方・行き方を伝えるお仕事を始めました。

またパーソナルスタイリストの仕事も軌道に乗ってきたタイミング。好きで始めた仕事を手放すのは抵抗があったので、私がいなくてもビジネスが回り機能するよう、時間をかけてスタッフに業務を引き継いでいきました。

著書「可愛いままで年収1000万円」を出版し、本を出すという夢を叶える

起業した頃から「いつか自分のワークライフスタイルを伝えられるような本を出したい」と思っていました。でもなかなかその機会は訪れず、5年後にやっと念願の著書「可愛いままで年収1000万円」を出版することができました。

この「可愛いままで」というのは、すごい自分になろうとしたり男性と戦うのではなく、「自分のままで」「女性らしく」という意味。また「年収1000万円」というのは、起業当初私が目標にしていた金額です。そして今、それが叶っています。

私がこの本でお伝えしたかったのは、年収1000万円の稼ぎ方ではなく「もっと多くの人に、自分のままで、働き方を選べるんだよ」ということ。「普通のOLだった私ができたんだから、他の人にもできるんだよ」ってことを伝えていきたいと思って出版しました。出版するまではきっと批判もあるだろうなと不安だったけれど、今は自分の想いを届けることができて、大好きな本を書くということができて、本当にありがたいなと思っています。

好きは進化する!その時の自分の好きに正直に

これまでアパレルの販売員、OL、司会者、パーソナルスタイリストと色々な職業を経験してきましたが、昔の自分のままではこのワークライフスタイリストという好きな仕事は絶対に思いつかなかったと思います。

昔好きだったことと、今好きなことは絶対違う。好きなことは進化していく。だから、「この道って決めたら、続けなくちゃいけない、頑張らなくちゃいけない」と思うのではなく、その時の自分の好きに正直に、目の前の好きなことを夢中になって突き進んでいたから道は拓けると思います。

インタビュー後編はこちら

週休5日、実働10時間!ゆるふわキャリアは「本当にしたいこと」をするため。宮本佳実さんに学ぶ仕事論【インタビュー後編】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です