場づくりのプロが語る、オンラインでも変わらない「場を編む」視点とは?【オンライン×場づくり:藤本遼さん】 #はたサバ

記事のポイント
✅遊びの中に、社会課題の解決・地域のニーズを組み入れることで仕事になっていった
✅オンラインの場づくりは「コミュニケーションの量を増やすこと」が大事
✅場づくりに挑戦するには3つのステップがある

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークやオンライン上での仕事が増える中、自分のスキルとIT・テクノロジーを掛け合わせてどんなことができるのか ──。これからの働き方について想いを巡らす方もいるのではないでしょうか?

そこで働き方メディア「SoloPro」では、毎週月曜日21時〜「オンライン×働き方・スキル」をキーワードに、いろいろな業界の第一人者やチャレンジャーに、公開インタビューを実施。

「After/Withコロナ時代の働き方サバイバル戦略」略して、#はたサバ

7月13日(月)のゲストは、株式会社ここにある代表取締役 / 場を編む人 藤本遼(ふじもと・りょう)さんです。

兵庫県尼崎市を中心に「尼崎ENGAWA化計画」や「カリー寺」といった場づくりの実践を重ねてきた藤本さん。2020年4月2日にはグリーンズ出版より書籍『場づくりという冒険 いかしあうつながりを編み直す』をリリースするなど、場づくりに関心のある方、必見です! 今回はそんな藤本さんを働き方メディア「SoloPro」編集長の松田然が公開インタビュー。

数々のイベントでファシリテーターを務めているオンラインファシリのプロ 小林 千夏さんも招き、オンライン×場づくりをメインテーマに、藤本さんが考えるWith/Afterコロナ時代の働き方やキャリア、そして場づくりを行う上で求められるスキルをお聞きしました。

【ゲストプロフィール】
■藤本遼さん
株式会社ここにある代表取締役 / 場を編む人

1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。「すべての人がわたしであることを楽しみ、まっとうしながら生きていくことができる社会」を目指し、さまざまなプロジェクトを行う。「余白のデザイン」と「あわい(関係性)の編集」がキーワード。

現在は、イベント・地域プロジェクトの企画運営や立ち上げ支援、会議やワークショップの企画・ファシリテーション、共創的な場づくり・まちづくりに関するコンサルティングや研修などを行う。さまざまな主体とともに共創的に進めていくプロセスデザインが専門。代表的なプロジェクトは「ミーツ・ザ・福祉」「カリー寺」「生き方見本市(生き博)」「尼崎ENGAWA化計画」など。
【インタビュアー】
■松田然(もゆる)
働き方実験家・SoloPro編集長
 
2007年に未経験からライターとなる。その後すぐに、リーマンショックが訪れ不眠不休の激務を通じてココロの体力を付け、2010年に独立・起業。2013年に2社目となるライターカンパニー「合同会社スゴモン」を立ち上げ代表を務めると同時に、ライターになってから現在に至るまで13年で4000人以上を取材しているインタビューライター。

いろいろな人の働き方や生き方に触れたことで、自分の旗を立てる、働き方のサードプレイス「SoloPro」を運営し、メディアやコミュニティ作り、キャリアコーチングなども行っている。

趣味では、自転車旅人としてリモートワークをしながら47都道府県全てを走破したりトライアスロンに挑戦したり……その際に出会った全国の仲間と一緒にプロジェクトを動かし、地方の働き方支援(行政と連携した地方創生の取り組み)や、各種メディアでの情報発信や場づくりなども行う。
総じて、いろいろな働き方を実験している人なので、肩書きは「働き方実験家」。

まちで遊んでいたら「場づくり」が仕事になった

もゆる

まずは、どのような仕事・活動をされているのか教えてください。

藤本さん

「場」をつくる仕事をしています。私の出身地である兵庫県尼崎市を中心に、イベント・ワークショップの開催や、空間のリノベーション、まちづくりに関する研修・地域プロジェクトの企画運営を手がけています。

もゆる

”場づくり”をキーワードに、活動の幅が多岐にわたっていますね!  具体的にはどんなプロジェクトを手がけてきたのでしょう?

藤本さん

例えば、「カリー寺」というお寺でカレーを食べる企画を立ち上げました。尼崎市にある浄土真宗のお寺・西正寺(さいしょうじ)で、ご住職と地域の人たちや檀家さん、関心のある方を巻き込み、年に一度開催しています。「カリー寺」以降、さまざまな企画や活動、取り組みが西正寺に持ち込まれて。今では、地域の寄り合いのような「場」になっていますね。

小林さん

モデレーターの小林です。お寺のコミュニティづくり、素敵ですね……!

藤本さん

2017年には、障がいがあってもなくても楽しめるフェス「ミーツ・ザ・福祉」を尼崎市の野球場などで開催。当日は70店舗のブース出店、20組のステージパフォーマンス、音楽ライブや体験コンテンツなどで賑わいます。障がいがあってもなくても、それぞれの違いを受け止めながら活かしあう場になれば、という想いで企画開催しました。

小林さん

フェスを楽しみながら、障がい福祉への理解も高まりそうですね!

もゆる

藤本さんと最初にお会いしたのはgreenzのコミュニティの学校でしたが、そのとき「まちで遊んでいたら、場づくりが仕事になった」という言葉をおっしゃっていたのが印象的でした。

藤本さん

仕事と遊びの境界線が緩やかなんですよね。現在動かしているプロジェクトは20個くらいあるんですが、そのうちの1割から2割は、利益が出なくても面白そうだからやりたい! と思えるものにしています。そうじゃないと、自分も面白くなくなっちゃうから。

もゆる

なるほど。

藤本さん

カリー寺は、僕がカレーが好きだから、という理由で始めた部分もあるんですよ。7月開催なんだけど、暑い時期だからこそみんなでカレーを食べよう!って(笑)

小林さん

すごい(笑)そもそもどのような経緯で「場づくり」が仕事になったのですか?

藤本さん

20代前半の頃、生まれ育った尼崎市で遊び場をつくりたいと、趣味でイベント企画を始めたのがきっかけです。尼崎市は、大阪や神戸にもすぐ行ける立地の良い地域。でも他の都心部に出ず、地元で遊べほうが楽しいのでは? と想いがありました。そこでNPO法人に勤務をする傍ら、空いた時間でイベント企画をすることにしたんです。だんだんと活動の幅と規模が広がり、趣味として遊びでやっていた“場づくり”が、仕事になっていきました。

もゆる

そういった経緯だったんですね! イベント企画とは、具体的にどんなことをしていたのでしょう?

藤本さん

最初は地域のいろんな場所を借りて、交流会や飲み会を開きました。尼崎市は銭湯が多いので、銭湯の番台のスペースを借りて飲み会を開いたり、神社の一角を借りて交流会をしたり。そこで出会った仲間と、商業施設の空きスペースを借りて改装し、地域の人が使える空間をつくったりしていましたね。

もゆる

遊びを仕事に、というと憧れる人も多いと思うんです。実際、お金をいただくのと、ただの趣味としてやるのではどう違うのでしょう?

藤本さん

遊びの中にも、社会課題の解決・地域のニーズを組み入れて企画を立ててきました。お金をいただけるようになった要因はそこにあると思います。「地域の人・仲間が困っていること」×「やってみたいこと」を掛け合わせて、場をつくることは意識していましたね。

場づくりとは、「場を編む」こと

小林さん

藤本さんは、なぜ、「場を編む人」を肩書にされたのですか?

藤本さん

「編む」という言葉に出会ったのは、「舟を編む」の小説がきっかけです。すごく美しい表現だと感じました。「場をつくる」とは、すでにあるモノ・コト・歴史、人といった素材を「編集」し、より多くの人に伝わりやすく、関わりやすくする仕事です。

小林さん

縦糸と横糸を編むように、組んでいくイメージですかね?

藤本さん

そうですね。新しく0→1でつくるのはなく、今あるものを活かす。そんな想いで「編む」という表現を肩書きにしました。

小林さん

だから、藤本さんの会社の名前も株式会社ここにある、なんですね。

私は、「問話(といわ)デザイン」を肩書きに活動していて、場をつくる時は「問」を置いて「話しあえる場」を作ることを意識しているのですが、藤本さんは場をつくるときに、具体的にどのようなことを意識されていますか?

藤本さん

どんな人でも参加しやすいように、入り口を広くすることは意識していますね。あと、おっしゃるように「問い」も、大事だと思います。でもいきなり「この社会問題についてどう思いますか? 」と問いを投げかけられても、興味を持ちづらい人もいると思うんです。

小林さん

たしかに。

藤本さん

その分野への関心がない方にも、興味を持ってもらうには「なんか面白そう! 」「おしゃれ! 」と感じてもらえる入り口を用意することが大事。そうして実際に「場」に参加したときに「問い」が見られるようなデザインを心がけています。

もゆる

たしかに、「カリー寺」や「ミーツ・ザ・福祉」も、お寺や福祉に関心がなかった人が、「面白そうなイベントに顔を出したきかっけで、興味を持った!」なんてこともありそうですね。参加者やプロジェクトメンバーを巻き込むため、他に意識していることはありますか?

藤本さん

自分が楽しそうにすること、ですね。

もゆる

楽しそうな雰囲気に、自然と人は引き寄せられますもんね。

藤本さん

あとは、自分から関係性をつくりにいくこと。Facebookページに「いいね!」を押してくれた人には、できるだけメッセージ送ってみる 。なにかの機会に名刺をもらったら自分から連絡をする。小さなことですが、自分からアプローチをかけた先に、仲間になってもらえる方との出会いがあると思うんです。今まで、声をかけまくってきた自負はありますね。

オンラインでの場づくりでは、相互的なコミュニケーション量を増やす

もゆる

新型コロナウイルスの影響で、場づくりもオンラインへと変化したのではないでしょうか?

藤本さん

そうですね。でもオンラインになっても、大事にしていたことは変わってないです。

もゆる

大事にしていたこと、とは?

藤本さん

参加者と「相互的な関係になる場づくり」を意識しています。主催者や登壇者が一方的に話すのではなく、チャットを活用して皆さんの声を拾ったり、チェックインで喋ってもらったり、感想をシェアしてもらったり。オンラインではそれをより意識しています。

もゆる

一方的なメッセージではなく、参加者が入ってこられる機会をつくっているんですね。

藤本さん

LIVEでやる醍醐味は、その瞬間に起こる人との関わり合いだと思うんです。コミュニケーションが一方的なら、それぞれが好きなタイミングで観られる動画で十分。「場づくり」においては、参加者とのやり取りの中で起こる化学反応を、どうしたら上手く捉えられるか? が大事になってきます。

もゆる

オンラインだと雑談をするのも難しいのかな、と思うのですが、コミュニケーションを取る上でのポイントを教えてください!

藤本さん

コミュニケーションの「量」を増やすこと、ですね。主催しているオンラインスクールでは、イベント15分前にzoomを開けて雑談できる時間をつくったり、終了後もしばらく参加者同士で喋れる時間をつくったりしています。

小林さん

遊びや余白の時間があると、コミュニケーションの量も増やしやすいんですね! オンラインになっても大切なことは変わらない、とおっしゃっていましたが、逆に新型コロナウイルスの影響で変化したことはありますか?

藤本さん

拠点を、新しく淡路島にも構えました。

小林さん

拠点を増やしたんですね! すごい! その背景は……?

藤本さん

いまの時代は、自然との関わりを見直したほうがいいのではないか、と感じています。暮らしている尼崎市は、人口45万人の工業都市なので、自然に触れる機会が少ないです。もし淡路島のような自然とより近い場所に身を置いたらどう変わるのか? 試してみたくなりました。

小林さん

なるほど。

藤本さん

あとは、人口の多い尼崎市だから場づくりができたんじゃないのか? という思いもあって。より人口の少ない地域では、どんな場づくりができるのか? どうやって他の地域と接点をつくるのか? 挑戦しようと、2020年の6月からプロジェクトを開始しています。

「ここにある」今、この瞬間を大切に

もゆる

最後に、この企画で皆さんに聞いている質問ですが、藤本さんが考える、With/Afterコロナ時代の #はたサバ(働き方サバイバル戦略)を教えてください!

藤本さん

数年先を見据えた計画を立てず、今を大事に生きることが僕にとって働き方戦略ですね。

もゆる

あえて計画を立てない! それ自体が戦略ですね。でも、その意図は?

藤本さん

未来を描くことは大事だと思う一方、人間の価値を損なう部分もあるのではないか? と思うんです。社会の変化はどんどん早くなっているし、そもそも自分が何年先まで生きているかわからない。

それなら、今この一瞬、一瞬、出会った人たちと一緒に何ができるだろう? と考えて生きたいんです。本当に大切なのは、「ここにある」それは社名にも込めた想いです。

小林さん

たしかに、時代の変化が早い現代社会では、「今」をどう生きるか? に目を向けることが自分らしく生きるヒントになりそうです。でもその一方、社会だと、目的や目標から逆算して、今をどうするかを決めることが大事とされてる部分も大きいように感じます。

藤本さん

そうですね、なので既存の価値観に揺さぶりをかけたい。会社にいると、目的はなに? 目標はどこにあるの? と聞かれることも多いと思うんですよ。でも、寄り道したときに面白いものを見つけることや、今見えていない価値に気づいていく楽しさもあると思うんです。

小林さん

まさに、藤本さんの「場づくり」は、お寺でカレーを食べて楽しめたり、障がいがあってもなくてもフェスを一緒に楽しめたり、知らなかった、見えていなかったという価値に気づかされることが多そうです!

藤本さん

あとは、計画を立てないからこそ「問い続ける」「固定化しない」ことは大事にし続けたいですね。こうすれば上手くいく、きっとこれが正解だ、と思わないこと。既存の価値観を揺さぶり続けないと、次のステージに行けませんから。過去に執着しないプロジェクトづくりをこれからも意識したいです。

もゆる

ありがとうございます! 最後に視聴者(読者)に向けてメッセージをお願いします。

藤本さん

最後までこのイベントを見てくださった方、途中から見てくださった方、ありがとうございます(そして、この記事をここまで読んでいただいた方、ありがとうございます)。

これから場づくりに挑戦したいと思っている方は、まず最初の一歩目として「興味のある場・イベント」に参加してみてください。そして出会った参加者とコミュニケーションをとってみる。つながって帰ってみる。慣れてきたらどこかのタイミングで、興味関心の分野が近い人と小さく企画をしてみてください。そんなステップを踏んで、僕は今に至っています。

もゆる

スキルやテクニックを磨くことも大事ですが、まずは気になる場に参加してみる、コミュニケーションを取ってみることはもっと大切ですよね。さらに、オンラインなら全国からそういった場を探せますし、自らイベントやコミュニティを企画するハードルも低くなりました。

小林さん

いきなり企画が難しかったら、つくる側のお手伝いから始めるのもいいかもしれませんね!

藤本さん

お手伝いは最高だと思います。小さなことからでいい。一対一の会話も「場」です。その積み重ねが、イベント・ワークショップ・プロジェクト・事業と大きくなっていく。まずは「小さい対話の場」をたくさん積み重ねてみてください。

もし僕の話を聞いて気になったところ、一緒に何かやりたい! などあれば、SNS各種あるので、気軽に連絡ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください