成功と幸せ……どちらが先?「SoloPro」を半年運営して感じた1つのこと

top

「ニワトリが先か、卵が先か」

何かをはじめるとき、どちらからはじめるのが先か?

という例えで使われる言葉ですが

今回のお題は、成功が先か、幸せが先か。

つまり、成功したからこそ幸せになれるのか、幸せだからこそ成功できるのか……

あなたは、どちらだと思いますか?

 

私自身、ライターとして10年間で3000人以上をインタビューしたり

フリーランス向けメディア「SoloPro」の運営を通じて

いろいろな人の生き方をヒアリングしてきました。

……そんな背景もあり、先に今回の記事の結論を述べると

幸せが先! に1票を投じたいと思います。

 

そもそも成功とは何か、幸せとは何か?

という定義が難しいので

永久に答えの出ない議論かもしれませんが

この記事を読み終わったときに

「そうだ、まずは幸せになろう!」

と思って”行動”する人が少しでも増えれば嬉しいです。

※政治や宗教などの類の話ではないので安心してください。

※「どうやったら幸せになれるんだよ!そこが知りたいぞ」と思っている方、まぁ落ち着いてください。

 

そもそも、成功とは? 幸せとは?

どちらが先かを語る前に、まず言葉の意味を今一度、整理してみましょう。

成功とは…
計画などがうまくいき目標が達成できたことや、社会的に一定以上の地位を得たことを指す。

幸せとは…
心が満ち足りていること。

Wikipediaからの引用です。
意味を深く探求すると、どこまでも掘り下げられる分野なので、まずは簡単なニュアンスで恐縮ですが

成功は測れるもの(比較できるもの)。幸せは感じられるもの。

SoloProの以下の記事を参考にするとすれば、目的と目標の違いに似ているかもしれません。

目的、目標、手段……3つの視点で考える「パーソナル・ブランディング」とは?

2017.06.09

目標を達成することは、成功。

できたかどうかを測れる数値目標をイメージするとわかりやすいです。そして期限もあります。

目的は…… 達成することはもちろん、目的を持っていること自体でも幸せを感じられるので、「あり方=being」に近いのではと個人的には思っています。そして、期限があるというより「今」の感情に近いかなと。

例えば、人生の目的が「いつも挑戦するワクワクを楽しんでいる人でありたい!」であれば、クリアしたか数値としてはわかりづらいのですが、感じることはできます。

「俺、今そんな感じだ!」って。

つまり、目的を達成していなくても、それを目指していることで心が満たされていれば、すでに幸せかもしれません。

幸せな人が、成功しやすい理由

では、成功すると幸せになれるのか、

幸せな人が成功しやすいのかという問いに戻ります。

 

今の資本主義社会では、お金を得たら、

地位や名声を得たら、幸せになる感覚が強く

実際、そういう人も多いと思います。

 

しかし、ヒューマンドラマでよくある、社会的に成功した結果

実は家庭が崩壊していた、健康を疎かにして身体がボロボロになった

これが本当にやりたかったことなのか……と自問自答し、

失ってはじめて幸せとは何かを考えるパターンも……ありませんか!?

TVドラマをあまり見ないので憶測ですが(笑)

結果、それで幸せになれば、成功→(失敗!?)→幸せじゃん!となりますよね。

 

では、逆のアプローチはどうでしょうか。

これは私の体験談ですが、

個人事業主として独立してから

仕事をすればするほど収入は上がり

自分で決めた売上目標を達成した時は嬉しかったです。

ただ、常に漠然とした不安もありました。

このまま毎日がむしゃらに働くような生活が続くのかな

本当にクライアントの役に立っているのかな?

プライベートを疎かにしてまで仕事をして得たいのは何だっけ?

このように頑張れば頑張るほど、不安も大きくなる不思議。

 

ただ、ライターとしていろいろな方を取材させていただいたことで

大きな気づきもありました。

「今」を大切に生きている人は幸せそうだし、人間的にも魅力的。

しかも、だいたいそういう生き方をしている人は、

仕事もうまくいっていたり、社会に貢献していました。

もしくは、今はまだブレイクしていなくても

スゴくなりそうなオーラを持っていました。

もちろん例外はありますし、主観的な要素も多いのですが

何が違うんだろう!? と思い、私は自らを実験台をしました。

2015-05-17 18.57.41-6

それは、仕事もプライベートでも好きなことをとことんすること。

私の場合、仕事ではライターという職種にほとんど不満がなかったので

好きな「旅」を、”いつか”ではなく、今しようと思いました。

 

大自然の中で地球のエネルギーを感じたり

知らない土地で出会った人と本音で語り合ったり

好奇心の赴くままに行った先で価値観がひっくり返るような体験をしたり……

47都道府県を全て自転車で回ったり

1ヶ月程の旅を何回か繰り返すようなこともしていると

だんだんと、自分はこんな自分でありたかったんだ!

と思える経験を多くしました。

まさに自分のココロが満たされている状態です。

 

不思議なことに、こんな時は頭が冴えているので

仕事においてもいい企画やアイデアを思いついたり

良い人間関係を構築することができ

貢献できる分野も広がっていきました。

つまり、幸せだと、成功を生み出しやすい状態を作りやすいと感じたのです。

 

TEDにて、ポジティブ心理学を扱った動画があったので参考にすると

私たちは幸福になるために努力し成功しなければならないと思っていますが、逆だとしたらどうでしょう? と今回のテーマの問いと同じことを言っていました。

動画を見るのは長いという人向けに、結論としてはこうです。

幸福は生産性や成功の可能性を押し上げる!!

つまり……心が満ち足りている状態の方が、成功もつかみやすいと言っているのです。

 

 究極の質問。どうやったら幸せになれるの?

では、どうやったら幸せになれるのでしょうか。

Soloproの記事でも、ヒントはいろいろありました。

光琳寺副住職 井上広法さん、は

幸福とは、今の自分の状態に納得と満足があることではないでしょうか。
ある程度のお金は手段として必要とお話ししましたが、そうした外部からの刺激を目的にしてしまうと、いつまでたっても満足感は得られません。そうではなく、「今、ここ」に集中して、それに満足できる精神を作ることです。
また、人は他者と一緒にいることで幸せを感じやすい生き物であることも分かっています。スポーツなど、同じ目的を持って行動すると満足を得やすいのは、そのためです。人間が本質的に孤独であるというのはさっきお話しした通りですが、その中でも他者と協力することができたら、幸せに一歩近付くのではないでしょうか。

仕事から健康、恋愛まで。「心理学を学んだお坊さん」に個人事業主の悩みをぶつけてきた【光琳寺副住職 井上広法さん】

2016.10.28
フリーランスの幸せ度調査をした記事では

フリーランスとして幸せを感じている人々は、どのような人生観を持っているのか? という調査結果も同様に興味深く……

・失敗や不安を引きずらないポジティブな思考を持っている人
・人とのつながりを大切にしている人
・自分以外の身近な人(家族や友人)との良好な関係性を重要視している人
・社会に対する貢献の気持ちが強い人
となっている。

自分らしい働き方ができれば、幸せになれる!? 「活躍フリーランスの幸せ度実態調査」から見えた、生き方のヒント

2017.06.04

また、こんな記事にも幸せになるヒントがいっぱいありそうです。

「心が喜ぶPlayfulな人生」のつくり方って? 海と山に囲まれた福岡県糸島市の合同会社こっからを訪問!

2017.04.06

敏腕プロデューサーから森の住人に転身。四角大輔さんが提唱する、「自分らしく働く」ためのアーティストモードとは?

2017.01.20

107歳まで生きる確率50%!? 「LIFE SHIFT」から紐解く、これからの時代の働き方とは

2017.03.22

やらないこと、決めてますか? フリーランスとして、これからの時代を生きるために必要なこと【「ひとりしごと」専門税理士 井ノ上陽一さん】

2017.04.10

自然の中でビジネスや人生を学ぶ!「The Life School」で感じた、フリーランスとして生きる幸せとは?

2017.06.11

そして、先ほどのポジティブ心理学のTED動画でも、現状に対してポジティブになれば幸福感と可能性が拡大すると言っています。

ポジティブと言うと、なんでもプラスに考えろという軽い印象もありますが、実際の幸福度は、楽観の度合いや周りからのサポート、ストレスを脅威ではなく挑戦と受け取る能力にかかっているのですと語っています。

なんかキーワードが見えてきませんか? 挑戦・成長・つながり・信頼・貢献など、キーワードは違えど、幸せな心の状態を作ることが、仕事やプライベートでも成功しやすい環境を作れそうです。

1点注意が必要なのは、正直、私は幸福学の専門家でも、幸福の教祖様でもありません。

何か、答えを持っている人はぜひシェアして教えてください!

最後に……

「SoloPro」を立ち上げて半年で感じた1つのこと。

それは、メディア運営も、ビジネスも、プライベートも

まずは目的(Why)が大事だということ。

 

ちょw 当たり前のこと偉そうに言うな!

と怒られそうですが、私の目的は売り上げだったり、メディアのPVではありません。

それは目標。

目的は、どうありたいか。

そこを追求すると、自ずと”幸せ”というテーマが導き出されました。

 

では、「SoloPro」の目的とは?

近江商人の心得である、三方良し(「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」)の考えを参考にすると、自分も読者(ユーザー)も社会もよくすること。つまり……

幸せな個人を増やし、社会を豊かにする。(そんな活動をしている私も幸せ)

 

SoloProの読者はフリーランス

もしくは独立を考えている会社員の方です。

そんな方々に、成功のノウハウだけではなく

幸せな”ソロ”のプロフェッショナルを目指せるような環境を作ることが目的です。

あと、幸いなことに、このメディアの記事を書いてくれているライターさん自身がフリーランスなので、自分の興味関心が強いこと、自分のためになることを記事にすることで読者にも喜んでもらい、お互いが幸せになってほしい!

 

日本のフリーランス人口は1000万人を超え

さらにフリーランスが増えると言われている今。

そんなアクションが、社会の役に立つと個人的には思っています。

 

※あえてフリーランスだけに絞っているのは、働く人全員だと、私だけではキャパが大きすぎるのと、国主導で「働き方改革」が動いているので、もっと大きいことは偉い人に任せます!(企業レベルでは、どうも生産性・効率だけをあげようとしている感がありますが、これも社員の幸福度が上がれば、生産性が上がるはずなんです。実際、どうなんでしょう?)

 

最後に、目的を実現するために私がやっていることは……

  • SoloPro」というメディアを通じて、挑戦する勇気を得たり、成長を感じられる情報を発信すること

 

  • 働き方デザインコーチング」を通じてフリーランスの働き方を支援すること(オンラインで記事を読むだけでは行動や習慣を変えられない方も多いので、オフラインのリアルの場でサポート。体験者募集中!)

 

  • フリーランスの健康と仕事のためのサロン「FreeRun`s」の運営(健康意識をあげる活動だけではなく、コミュニティというキーワードで、フリーランス同士の横のつながりを作る。サロン仲間募集中!)

 

  • フリーライターのコミュニティ「SoloProライター」の運営(フリーランスライターなら誰でも参加可能)

 

私自身も、旅をするライターとして月の半分は国内外を転々としながら、上記のような活動をしていくことで、すでに幸せを感じています(成功はまだ先かもですが……)

そして、まずは得意分野で一歩一歩動いていますが、全て一人では到底、目的には届きません。

※目的 → 幸せな個人を増やし、社会を豊かにする。

もし「手伝えるよー」とか、「サロン入りたい」とか、「一緒に何かやりたい!」という方がいれば、気軽に連絡ください。仲間がいることは、あなた自身の幸せにもつながるはずです!

問い合わせ

あと、今後もSoloProを応援してくれると嬉しいです//。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です